小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

スカイツリーを守った絶対にゆるまないネジと「たまご焼き器」

neji.jpgこんにちは。こばやしです。

ハードロック工業の代表取締役、若林さんという方が、話題になっています。 

【人・生き方】転機。話そう、話しましょう(ハードロック工業・若林克彦さん) – MSN産経ニュース

先の震災にも全くビクともしなかった東京スカイツリー。ここに若林さんが発明された「絶対にゆるまないネジ」が使われているそうです。
 この方は非常に面白い経歴をお持ちで、このネジを世に広めるために、創業の会社を無償で譲り渡し、新たに今の会社を設立されたほどの情熱家のようです。
世界中で使われるこのネジのことは、皆さんメディアでも詳しく見られる機会があるかと思います。 本日は若林さんの過去のたまご発明品についてご説明。

◆大ヒット発明品「たまご焼き器」

 この方の過去の大ヒット商品に、「誰でも器用たまご焼き器」があります。 この商品が世に出てヒットしたのは、70年代。 私がまだ生まれたかどうかの頃です。 一日5000本売れたそうですから、凄い反響だったようです。 
もしかしたら、「昔からウチの家庭で使ってるよ!」という方も多いのかもしれません。
ウチには残念ながらありません。
どんなフライパンだろう・・?
資料を頼りにものすごくラフに絵を描いてみますと、下記のような特徴になります。tamagoyakiki_hardrock.jpg

 くぼみに向かって卵が流れるので、いちいちハシやフライ返しを使って寄せなくても、誰でも上手な玉子焼きが成功するという優れもの。
すばらしいですね。
確かに、玉子焼きの最も難しい点は、「寄せて巻く」ところ。 私もよくコレで失敗するんです(ーー;)

hardrock2.jpg

  これは若林さんの言葉です。 「商品の欠点が見つかった時点で発明の半分は成功しているのです。」とおっしゃる若林さんのとらえ方は、前向きさにあふれています。

 そう。欠点とは「もっと良くできる点」なんですよね。 いろんな商品やサービスを見て、『あ。これもっとココを良くしたら、面白いかも!』とワクワク考えるクセづけが大切なのだと感じます。

 「たくさんの人に喜んでもらう」という原点、私も常に意識していきます!

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの話題2011年05月12日