小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記 SOMMELIER DIALY

おいしさ雑学 記事一覧

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

僕の手相って、ちょっと変わっているらしく、

にぎると出る位置のしわが、

横一直線になっています。

「ひゃくにぎり」っていうそうで、

小さい頃に「一生食べるのに困らない縁起が良い手相」

って言われたことがあります。

 

ええっ・・・!

すごいしゅっせをして

おかねもちになれるんだ!?

…なんて子供心に喜んだのですが、

 

まさか「食材屋さんになる」

って事だったとは(笑)

 

毎日たくさんのたまごと過ごしてますので、

たしかに「食べ物にだけは困らない」生活です。

 

さて、本日のテーマは、

「縁起もの」としてのたまごの食材イメージ。

 

日本ではタイとかエビには寿なイメージがありますが、

実は「卵」って、世界的に縁起の良いイメージがあります。

 

景気づけのメニュー

祝い事のメニュー

などで、それらのいわれを活用する事もできるんです。

 

〇風水的に「黄金」のイメージがある

例えば風水では、

1~2月初の大寒時期の卵

を食べると金運が上がると言われます。

 

3月3日には

黄色や「黄金色のもの」を食べると

風水で金運が向上する日

なんて言われてまして、

卵がその代表格なんですね。

親子丼や鶏そぼろ丼なんかがとても吉です。

 

そもそも「黄色」イコール

風水学で金運上昇につながるんですが、

たまごはその「黄色を表せる食材」

のため、通年して卵=金運UPのイメージがあります。

〇婚礼や安産の良イメージがある

たまご=子宝や安産イメージがあります。

 

たとえばマレーシアでは、

結婚式で子宝祈願のゆでたまごを、

 

ゆで玉子をお花で

キレイに飾り付けして

ブーケみたいにしてお渡しするんです。

中国でも、赤ちゃんが生まれると、

赤く煮たたまご「紅蛋」を皆にくばる

風習があります。

 

日本では、「初産みたまご」っていいまして、

ニワトリさんが初めて産む頃のたまごは、

たべると安産につながる

転じて合格祈願のいわれがあります。

一年中あるたまごではないんですが、

お客様の期間限定メニューとして、

「合格祈願ラーメン」なんてものをしていただいたりもしています。

人気あるんですよ!

 

〇最近の流行り!?の占いも

また、占いで今月の卵は

超ラッキー食材

なんだそうです。

 

生まれた年月日と干支を

組み合わせて占う「九星気学」では、

 

今月9月をつかさどり

「元気」「人生の喜び」

を表す「七赤金星」の卦

 

これを代表する食材が「たまご」

なんだそうで、

Yahoo!ニュースでも出てくるくらいには

興味話題に上がってます。

 

〇縁起イメージのメニュー導入はイイですよ!

なんにせよ、

こういった縁起をあなたが

信じる信じないは別にして、

 

コロナ禍で世の中が

沈んでいる状況で、

食べることに元気を感じてもらえる!

 

そんないわれ、伝わり方は、

ぜひともメニューに導入すべきですね。

 

更に、こだわり卵のもつ

イメージとの相乗効果も

出せますので、

そうすると最強です。

 

たまごの黄金イメージ、

あなたの店のご繁盛に、

ぜひご活用してくださいませ!

 

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , おいしさ雑学 2021年09月5日

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

たまごを運ぶパック容器

これがないと僕達は仕事にならないわけですが、

この卵パックができて今年で100年と2年になります。

そもそも卵パックが発明されたのは、カナダの農場主が毎日納めていた卵に割れが多く、取り引き先のホテルとトラブルになっていたのを解決するためです。

最初にできたのは“紙製”のモウルドパック。衝撃吸収性がたかく、今ではちょっと高級なたまご商品に使われることが多い容器です。

そして、プラスチックのたまご容器。これができてからだいたい50年ちょっと経ちます。

こちらは包装工程の機械効率が良く、大量生産にも向いています。中身が見えるので売り場で安心、という声もあります。


〇特許やすごい機能が満載!たまごパック

あまりイメージがないかと思いますが、たまごパックって特許のカタマリなんです。

割れないような工夫、積みやすいカタチ、開けやすい仕組み‥‥‥、とにかくいろ~んな工夫が集まって今のたまご容器になっています。

たとえばプラスチック卵パックの上下側面についている凸凹の部分。

これは、たまごと外部との接点を極力減らすためのもので、外から衝撃が加わっても割れにくいようになっています。これがあると無いとでは、耐久性がゼンゼン変わってくるんですよね。

また、ちょっとすぼんだ形状になっていますが、これはコップのイメージです。

たまごは完全な楕円じゃなく、片方がちょっと細く、もう片方がちょっと丸みをおびた楕円になっています。とがった方を下に卵が入るとすっぽりと収まって安定するようになっています。

良くカンチガイされるのですが、「とがった方を下にすると保存性が良くなる」と言われるのはデマで、実際はどちらも同じです。とがった方を下にするのは容器に入れて運ぶための工夫。あくまで「輸送時の安定性」のためですね。(参照:たまごの上下で保存性が変わる・・・はウソ!【卵の迷信】 | たまごのソムリエ面白コラム


〇実はどんどん進化している卵パック

卵パックって、実はどんどん薄くなっているんです。わずか数年前と比べても厚みが減っています。ところが耐久性は逆に上がっているんですね。

ホラ、捨てるときにパックを潰すのってすごく大変じゃないですか?

これ、上記の凸凹構造や支え部分のかみ合わせ工夫なんかのおかげでして、以前ほどの厚みが必要なくなってきているわけです。

軽くなった分、数百数千パックの卵を輸送する事を考えると、割とバカにならない燃料費やCO2量の差がでてきます。

コストをかけずに環境に良く、卵が割れない状態で運ぶかの工夫が、容器を進化させているわけです。

普段買って帰ったら捨てられるだけのたまご容器、良ければぜひマジマジと観察してみて下さいね~。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , おいしさ雑学 2021年04月13日

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

江戸の昔は、病気を治すとなると「食べものや薬草の効能で健康になろう」という考えが主流でした。

本草学、と呼びまして、いろんな医学書物が書かれています。

ただ……庶民には読んでもなかなか理解できないムズかしいものばかり。

そんな中で

『和歌食物本草』

という面白い本が出されていました。

これ、

「和歌」で食材の効能を伝える

という本なんです。

内容は全部ひらがな

五・七・五・七・七のリズムで書かれています。

今で言うなら「マンガでわかる健康食品」とか「ラップで覚える食材の健康機能」みたいなカンジでしょうか。

かなりのヒット本で何度もバージョンアップしながら重版されていまして、寛永七年(1630)・寛永十九年(1642)・正保三年(1646)・承応三年(1654)・寛文十一年(1671)・元禄五年(1692)・元禄七年(1694)の各版があります。うーん、すごいですね!

 

〇たまご健康機能の和歌は……!?

さて、この和歌食物本草には『卵の効能』も書かれていまして、

「たまごこそ しぼりはらとむ さんののち ゑなをくだして 目のいたみとむ」

という和歌が載っています。

現代にいる我々にはちょっとわかりにくいですが、

『しぼりはら』とは「渋腹」

…と書いてひどい下痢腹痛のこと。

『ゑな』とは出産後の胎盤とへその緒のことです。

つまり、

“たまごこそが、ひどい腹痛や後産に良く効き、目の痛みまで取っちゃうんだよ!”

という意味ですね。

実際、卵に豊富なグルタミンなどアミノ酸が不足すると腸内にウィルスが侵入してお腹を壊しやすくなりますし、同じく卵にたっぷり含まれるビタミンB2やルテインは、網膜の働きを助け目の充血を解消してくれます。

こうやって歌になっていれば、

体調が悪い時に

「あ!そうだ、卵を食べよう。」

…と思い出せるだろう

そういう考えですね。

うーん、面白い。

また例えば、

「芋こそは あぢはひからく 平のもの しよびやうのどくぞ ふかくつゝしめ」(芋こそは 味わい辛く 平のもの  諸病の毒ぞ  深く慎め)

のように、効能だけじゃなく「あんまりたくさん食べ過ぎるんじゃないよ!」という注意事項もたくさん載っていました。

和歌で伝える……これは一種の発明でして、

この本の後発品として、

『職人の技術』や『料理の技術』などいろんな分野で『和歌で教える本』が出版されることになります。

僕たちも、ちょっとしたコツや健康情報なんかをうたって覚えてみる、これって現代でも充分通用しそうですね!

試してみると面白そうです。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , おいしさ雑学 2021年03月2日

こんにちは!

ひなまつりがもうすぐですね!

3月3日って、実は卵や鶏とすんごく関係が深い日なんです。

〇宮中で千年つづく「闘鶏占いの日」

毎年3月3日は「鳥合(とりあわせ)」といいまして、平安時代より続く「闘鶏の日」として宮中行事が行われる日です。

鶏どうしを戦わせることで今年の五穀豊穣を占う重要な催しなんですね。

ちなみに『ひな祭り』の「ひな」はヒヨコのヒナと語源が同じ。

「ひひ」と鳴く小さくてカワイイひよこ →「ひな」と呼ぼう。

→「小さくて可愛いもの」な人形も「ひな」と呼んじゃおう。

こんなカンジでどっちも「ひな」と呼ばれるように。

「ひな祭り」と「鳥合(とりあわせ)」どちらも平安時代の京都から始まっていて同じ3月3日のもの…起源にも共通するものがあるのかもしれませんね。

 

〇風水でも3月3日に縁起が良い、卵と鶏肉

ちなみに3月3日には、黄色や黄金色のものを食べると風水で金運が向上するそうです。

すなわち卵や鶏肉がとっても相性が良いわけです。親子丼や鶏そぼろ丼などがグッドじゃないでしょうか。

そして、たまごの旬は春です、千年前にはこの時期しか食べられない季節のぜいたく食材が卵だったんですね。 今でも一番鶏の産卵コンディションが良いのは春先です。

ぜひ、関係の深い3月3日に、たまご料理を楽しんでくださいませ~。

カテゴリー | ソムリエ日記 , おいしさ雑学 2021年02月22日

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

年始恒例「干支とたまご鶏」のコラムです。

今年は戌(いぬ)。

干支では申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)、と順番になっていますが、これいろんな意味があるんですね。

いわゆる「干支決めの競争」を神さまが開催し、その順番で干支が決まった、…という物語はアジア各地にあります。

その中で共通している部分のお話として、

猿と犬はご存知「犬猿の仲」、

とにかく喧嘩ばっかりしているので鶏さんはその仲裁のために二匹の間に入って一緒にゴールした。

なので、猿-鶏-犬、となっているのだとか。

鶏さん、なんとなく世話焼きの学級長タイプのイメージですねぇ。

ちなみに干支は“方角”とも密接に絡むのですが、

申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)の方角は「鬼門」、

悪しきものに対抗する方角なのです。

桃太郎で鬼退治のお供をするのが犬猿鳥(キジ)なのも、このためなんですね。

「鳥って戦力としては弱いよなあ…」

小さいころはそんな風に思っていましたが、

なかなかどうして考え抜かれたお供のチョイスだったようです。

こばやしは昨年が厄年だったのですが、悪しきものを祓うニワトリさんのおかげか、なんの問題も無く無事一年を過ごすことができました。

今年の後厄は、犬パワーでなんとかしてもらいましょう!(笑)

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:さるかに合戦、クリじゃなくて卵が仲間だった! – たまごのソムリエ面白コラム

(関連:馬と卵の話 【本年もよろしくお願いします!】 – たまごのソムリエ面白コラム

(関連:巳年と目玉焼きとサイコロの不思議な関係 – たまごのソムリエ面白コラム

カテゴリー | ソムリエ日記 , おいしさ雑学 2018年01月7日

segoblg201712_0.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

NHK大河ドラマ、次回は「西郷どん」ですね。

以前ご紹介しました、愛犬にたまごかけ御飯を食べさせるエピソードが見られるのか、とても楽しみです。

タイトルの読み方は「せごどん」ですが、変換のため

「さいごうどん」

と打ってみたら、

「最後うどん」

となってちょっと面白かったです。

segoblg201712_1.jpg

さて、我が四国徳島は、ご存知の通りお隣が香川県です。

香川では、年越しにうどんを食べる人も少なくなく、

年越しそばのゲン担ぎ「細く長く」から、

「太くて長い方がもっと良いよね!」

というなかなか欲張りなお願いが込めているみたいなのですね。

全国でも、その点で面白がって年越しにうどんを食べる方、すなわち「最後うどん」で年末を締める方が増えているのだとか。

また、年越しうどん、そばには、

たまごの具がゲン担ぎには最適です。

「金色」が、黄金や金運に繋がるので、

縁起がいいとされているんですね。

年越し“月見”そばでも良いですが、

その意味では

たまご焼きの薄切りや、伊達巻きの方がもっと金色、金運っぽいかもしれませんねー。

ぜひ、大みそかのゲン担ぎに、

ちょっとひと手間来年の金運を祈って、お試しくださいませ。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , おいしさ雑学 2017年12月26日