小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

京都でたまごの幻想画展

takanosaki.jpgこんにちは!こばやしです。

京都東山にある、東福寺の塔頭(寺内の寺院のことです)「東光寺」にて、ダチョウの「たまご」に描いた幻想画が約30点展示されるそうです。

作成したアーティストは、たかのさきさん。

しかしなぜお寺なんでしょうか?

下記のリンク先の情報によると、

作品テーマは「たまご」。命・誕生・起源を表現しています。 4月8日は2千5百年前にお釈迦様がお生まれになった日とされています。その日を挟んで個展を開催いたします。 」

とのことで、なるほどお寺で拝見するのにふさわしいテーマなんですね。

そういえば、「エイプリルフール」も、仏教さとりの修行が元になっているとの説があるそうです。

お客さんのお話では、京都も外国人観光客がかなり減っているとのこと、ぜひ応援の意味も込めて、生命の絵(作品)をご覧になってみてはいかがでしょうか?

4月1日から4月8日までです。詳しくは下記リンクでどうぞ。↓

(リンク)たかのさき幻想画展「たまご」:京都イベントなび

(リンク)たかのさき 幻想画&パステル画の世界

(たまごのソムリエ日記) 生きてるみたい!?幻想料理ってなんだ?

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご2011年04月2日