小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

復活祭なのでイースターエッグを描いてみました。

世界的に、今日は卵がとっても脚光を浴びる日となっているのをご存知ですか?本日は復活祭(イースター)の日です。十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する日で、キリスト教において最も重要な日だそうです(注1)。

さて、この復活祭の習慣として、最も有名なのが、イースターエッグ(Easter egg)。春を祝いキリストの復活を祝うため、色とりどりに飾りつけられた卵です。

easter_eggcho.jpg

とってもキレイですね。でも、なぜ卵なんでしょう?

卵がかえってヒヨコが生まれる様子を、墓からイエスさまが出て復活する様子となぞらえたためといわれています。他に有力な説として、イエス復活の際にマグダラのマリア(注2)が赤い卵を皇帝に献上したためとか、伝統的に四旬節および大斎の期間中に食べることが禁じられていた卵が復活祭の日に解禁となったことからとも言われているようです。

もともと染めたり塗ったりしたゆで玉子を使うのですが、現代ではチョコレートで作られたり、キャンディが中に入ったプラ製の卵に代用されつつあるようですね。

このイースターエッグ、日本であまりなじまないのは、やはり「食べ物であそぶ」ことへの抵抗感でしょうか?そういえば、ハロウィンのカボチャで作るお面も、日本では浸透しないですね・・。

さて、せっかくですので、ウチでもやってみることにしました。とりあえず、ウチの妻と、母にゆでたまごを渡して頼んでみました。使用しているのは当社「ゆでたまご専用たまご」。

「ちょっとゆでたまごに絵ェ書いてみて。」
「何?なんで?」
「今日はイースターだから。」
「ふーん。なにそれ?まあいいけど。」

e_egg_pen200904122093.jpg

 

ペンを探したところ、すぐあったのは緑と黒のみ・・。なんとなく失敗感がただよっています。

  さて、できあがった「イースターエッグもどき」はというと・・・

まず妻の作品

e_egg_mik200904122087.jpg

 

おお!なかなかそれっぽいです。

e_egg_mik200904122086.jpg e_egg_mik200904122092.jpg

上部はハート、下は星マークになっています。思ったより凝ってるな・・。

次に、我が母上の作品。

e_egg_math200904122088.jpg

 単色ながら、かわいらしい出来栄え。

e_egg_math200904122089.jpg

ちなみに裏側は魚になっています。やるなー。

さて、最後に私の作。

e_egg_shin200904122090.jpg

 

これはひどい。いいだしぺの自分が一番ヘタです。子供のラクガキかよ・・・(ーー;)

そうだ、せめてホントの子供のラクガキには勝っこう。そう思って我が息子(1歳半)に描かせてみました。

e_egg_son20090412.jpg

放り投げて逃げられました・・。

注1)西方教会では本日4月12日です。東方教会では4月19日です。
注2)マグダラのマリア・・・イエスの影響から改心した、聖書にでてくる重要人物。聖母マリアじゃないですよ。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご2009年04月12日