小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記 SOMMELIER DIALY

面白たまご話 記事一覧

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

 

5月8日は母の日ですね!

今朝のユニクロ「母の日」広告、

人気漫画アニメ『あたしんち』の新聞広告が

3連発でめちゃくちゃ面白い!

と話題になってますね。

 

 

これは面白い(笑)

あの「あたしんち」ママなら言いそう!

という所もポイント高いです。

 

さて、明日の母の日、

子供さんと何かしなくちゃ!と気づいたお父さん、

もしかすると、卵のパックがお役立ちできるかも!

こんな↑たまごパックが、

カンタンな工作で、

こんな素敵な花になるんです。

 

実は海外では、

「エッグカートンフラワー(卵パックの花束)」

という工作が、特に母の日のプレゼントで

良く作られるんですね。

 

「mother’s day egg carton flowers」

で検索すると、たくさん出てきます。

割りばし

卵パック(プラでも良いけど紙の方が塗りやすいかも)

色塗る道具(絵具・クレヨンなど)

色紙

ボタン(あれば)

のり・テープ

 

これだけあれば、できます。

ウチの息子が作ったのが

こんなカンジです。

トイレットペーパーの筒なんかを使ったり、

いろんな応用もできますので、

ぜひお子さんと工作試してみてはいかがでしょうか。

 

◆お店での活用の可能性は?

お店さんでは、たまごは

業務用の大きなモウルドトレーで

たまごを使われているんじゃないかと思います。

 

これ、形状が特殊なので

変わった活用方法があります。

わざわざトレーだけ買いに

来られる方もいるくらい…!

使用後は廃棄になるものですので、

「もったいない。」

SDGsにもつながる活用として、

ぜひイベントなどで上記ご紹介のような

お花など作成の場づくりも

面白いのではないでしょうか。

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご話 2022年05月7日

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

 

5月のこの時期になると

「ああ、いよいよだな!」と思う事があります。

 

それは、海外で

「海鳥のたまご」が最盛期なんですね。

カモメやウミガラスは

5月に入ると営巣して産卵を始める

そんな時期なんです。

 

いや、海鳥は飼育してませんし、

ウチもお届けするわけじゃないですから

 

僕たちの食生活には影響のないハナシなんですが、

この「海鳥のたまご」って

たっぷりと魚を食べた鳥さんから生まれるため

超濃厚で美味しい卵なんですよ。

歴史的には、それをめぐって紛争まで

おこったくらい。

極上の卵をめぐって銃撃戦!?西部劇で起こった「卵戦争」 | たまごのソムリエ日記

たとえばイギリスでは来週から

わずか4万個しか年間に採れない

「黒頭カモメの卵」の卵で作った

オムレツが食べられます。

 

別名「世界一高価なオムレツ」

一食90ポンド(1万4千円)

提供するレストラン

「Boisdale(ボイスデール)」のオーナーいわく

『この味は「儚い命の宝石」です。』

 

だそうで、

食べると極上の味ですから

誰でも名グルメリポーター

彦摩呂さん状態になれそうです。

 

・5月のたった数週間のみ

・英国ロンドンでだけ

・契約した料理店でしか食べられない…!

 

という超限定ですので

日本から食べに行ける方は

多くないかもですが、

在英の方や渡英機会のある方は、

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

◆鶏卵でも、時期を区切ることでメニューの付加価値に!?

さて、カモメのたまご食は

日本では鳥獣保護管理法で禁止されています。

食べられるのは銘菓だけですね。

 

食べられませんが、ただこの

『「儚い命の宝石」を食べる』

という考え方って、

 

飲食店さんや洋菓子店さん、

あなたのお店のたまごメニューで、

活かすことができるんです。

 

例えば、ニワトリさんは、

農場で年に数度入れ替えがあります。

年を経た鶏さんから、

ルーキーの親鶏さんに変わるのですが、

 

その最初の時期のたまごを

「初産みたまご」と言いまして

これは大変な縁起モノなんですね。

 

「今の時期だけ」

「たった数週間だけ」

「ハリがあって非常に濃厚」

こんな特徴を伝えた玉子料理は

お客様にとってもワクワクしてもらえます。

また、その時期を少しすぎた

「若鶏のたまご」も

同様に品質が良く、魅力的です。

 

ちょうど、

今頃の時期から夏場にかけて

鶏の入れ替えを行う事が多く、

ウチにかぎらずですが、

時期的に手に入りやすくなる卵です。

 

僕たちはほかにも、

一年のうちで数週間しか生産しない

特別たまごを何種類もお出ししていますが、

メニューご採用でも非常に人気です。

 

一年中食べられる「鶏卵」ですが、

ぜひ「季節」「一時期」に注目して

メニュー訴求するのは

ワクワク価値として面白いですよ!

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご話 2022年05月6日

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

昨日はイースターでしたね!

 

レシピサイトなんかでも、

たまごでかわいらしいヒヨコ姿の

料理をつくる特集ページが組まれてたり

 

お店でたまご&ヒヨコっぽいメニューが出ていて

たまご屋としてすごくテンションが上がる

ステキな一日でした。

 

とはいえ、

SNSなんかでは、

「けっきょくイースターって何なの?」

みたいな疑問を持つ人も

けっこういましたね。

たしかに。

 

「クリスマス」はキリストの誕生日

として広まったわけですが、

 

「復活祭」は、

イエスさんが一度死んでから

3日後に再度この世に

復活した、そのお祭りです。

 

いわば

「誕生日パート2」

という事ですね。

 

ですので、欧米では本来、

クリスマスくらい派手な

意味のあるイベントなわけです。

 

日本でも少しずつ浸透してきていますね。

今回も、昨年とはまた違った

盛り上がりもあったように思います。

 

地元のスーパーさんでも、

イースターの卵料理特集!

みたいな企画組みもしていました。

 

やはり話題の中心なのは、

「たまごを使ったステキ料理」

でして、

拡散している様子を見ると、

SNS映えとの相性も

良さそうでです。

 

ぜひ、次年度に向けて、

ご飲食店さまでも、

イースターのステキたまご料理は

なにかお考えになっても

おもしろいんじゃないでしょうか。


で、ですね。

来年まで覚えてられるかな?

なんて飲食店のオーナーさん。

 

実は、

復活祭には

「続き」があるのをご存知でしょうか?

 

生誕のお祝い→クリスマス

復活のお祝い→イースター

そして、

復活したイエスさんが、

いよいよ天にのぼる日

すなわち『昇天日』

というものがあるんです。

つまり「イースター パート2」です。

 

復活してから

きっかり40日後の

木曜日と決まってます。

 

この「昇天日」も、

海外ではいろんなイベントが

開かれたりするんですね。

日本ではほとんど無いですが。

 

ただ…

ちょっとだけ面白い伝説がありまして、

イタリアの伝説によると、

昇天日生まれのたまごを食べると

胃と頭と耳の痛みが治るんだそうです。

あの南方熊楠さんが

明治時代に紹介をされています。

 

『イタリアのモンフェラートでは、

キリストが昇天した日に

新しい巣で生まれた鶏卵は、

胃と頭と耳の痛みを治し、

麦畑に持ちゆけば麦奴の侵害を予防し、

ぶどう園に持ち往けば

その葡萄が霰あられに

損害を受けることは

無くなると信じられている』

( 南方熊楠著 十二支考(下))

 

との事でして、

この健康になれる!いわれ、

今年は5月26日の木曜日生まれのたまごです。

(お届けは翌日です)

 

コロナ禍の在宅勤務でも、

頭痛や胃の痛みのタネは

現代人にとって

減る事はないようですし、

 

ぜひ、昇天日のいわれで

働く方々の応援メニュー!

をたまごで考えてみても

面白いんじゃないでしょうか。

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご話 2022年04月18日

今日はお休みの日なので、

ご繁盛とは関係ないたまご話を。

 

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

お店さんではとてもできない

有名なたまご祭りをご紹介します。

 


◆お店で活用できない有名イースターたまご祭り

『ドイツのエッグダンス』

たまごを地面に置いて

その上でダンスする。

たまごが割れなければオッケー。

しかもできるだけ狭いところで

ステップが踏めるほどスゴイ

そんなルールです。

 

うーん、もったいない精神の

日本では、ちょっとムリかなぁ…。

動画ではこんなカンジです。


これ、中世にまでさかのぼる

すごい伝統のお祭りでして、

有名な絵画も残ってます。

Pieter Aertsen, The Egg Dance (1557)

 

450年前に描かれた

「エッグダンス」という

タイトルの絵ですが、

右の男の足元にに

ボウルとたまごがあります。

 

これ、チョークで書いた円の中に立ち

ボウルに卵を入れて足元に置いて

ダンスをスタート。

 

踊りながらそれを足でひっくり返して

割らずに卵の上にボウルをかぶせる

という超難易度高いお祭り遊び。

 

ええ…こんなのできるのかな。

 

もっとスゴイバージョンもありまして、

上の絵の頃より少し前にあった、

サヴォワ公爵さんという方と

オーストリアのマリア妃さん結婚式の

記録では、

 

超エッグダンスとでも言いましょうか

砂を敷いた平らな場所に

100個の卵を置いて、

そこで

若いカップルが手を取り合って踊る。

 

卵を割らずに踊り終えれば

婚約成立!となって、

ガンコな親も結婚に反対しちゃダメ。

 

そんな風習もあったとか。

なかなかスゴイ光景ですね・・・

 

かなり流行っていた風習だったためか、

ドイツからイギリスにも持ち込まれ

そちらでも「ホップ・エッグ」の名で

おなじくお祭りとして定着しています。

 

そして、そのイギリスには他にも

ちょっとムチャな卵祭りがあります。

 

『イギリスの卵遠投げ祭り』

河向こうから卵を投げて

割らずにキャッチできるかどうか

転じてカタパルトで卵を発射し

どれだけ遠くまで割らずにキャッチできるか

という「卵投げ」大会です。

参加者が増え、世界大会までやってます。

卵についてはほかにも

バチあたりな(?)お祭りがあります。

『イタリアのたまごぶつけ』

ナポリでは古く、

カーニバル(謝肉祭)祭りのあいだ

誰にでもたまごをぶつけまくる

「卵ぶつけ」の風習があるんです。

 

いまでもこの風習がまだ残っていて、

「カーニバル」の時期になると

古い生卵を子ども達が投げ合うため、

出歩くのに注意が必要なんだとか。

 

 

◆春の訪れを卵で全力で祝う

ようするに、欧州の冬ってホント厳しいんですよね。

それだけ春の訪れの喜びもひとしおで、

 

たまごは生命の復活の象徴

春の象徴でもありますので、

「割れたら神にささげる」

 

「割れなかったら楽しんだ後に美味しく食べる」

みたいなお供えものと一体になったような

全力の楽しみが、たまごであるんですね。

 

お祝いと一体、という意味では

日本の建前とかのモチ投げとかに

近いのかもしれません。

あれも海外の方からすると、

「なんで投げるの!?」

みたいにビックリしますよね。

 

日本人としては、

そしてあなたのお店で

イースターの催しとしてご活用する際は

先日ご紹介したような

平和なあそび、

素敵なたまごメニューが

無難ですね~。

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご話 2022年04月3日

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

世界的に春、といえば卵なんですね。

それは、

昔々は春しか卵を産まなかった、

という点もありますが、

生命の象徴として春を祝うシンボル

という卵のイメージが

大きく影響しています。

 

昨日は、お店のイベントで使えそうな、

世界のイースターのお祭りを2つご紹介しました。

世界のイースター、たまごを使った各国のイベント

今日はその続きです。

 

◆お店でできそうな各国のイースター祭り

まるでポケモンバトル!?

『ギリシャのエッグタッピング』

 

ゆでたまごをキレイな色で染めまして

で、ですね。それを

相手とぶつけ合うんです。

割れた方が負け。

勝ち残りが次の人と勝負して、

ナンバーワンたまご!を決める。

そんなお祭りです。

 

うーん、面白いですね~。

勝った人は、一年間ハッピーが訪れるのだとか。

 

もともとギリシャ正教会のイースターは

最も神聖な祝日とされてまして、

いろんな伝統行事があるんです。

 

そのひとつが、

染めたイースターエッグを

みんなでたたく

「ツォーグリスマ」と呼ばれる遊びで、

幸運をもたらすと信じられていたんですね。

 

そこからの派生が「エッグタッピング」

 

実はこの卵ぶつけファイトは、

世界中にありまして、

エッグファイト、とかエッグジャーピングとか呼ばれ

英国では、世界中から

猛者が自慢の卵をもって駆け付ける

「エッグジャーピング世界大会」

なる催しもあるんです。

 

イベントで以前やってみたことがありますが、

思っているよりずっと盛り上がります。

 

自分で色づけ絵づけをしますから

愛着もわきますし、

ポケモンバトルやミニ四駆バトルの

ような感覚がありますね~。

 

お店のイベントとしては

オススメ度は高いです。

 

 

◆超盛り上がる!お家でたまご探しイベント

『アルゼンチンの卵探し』

アルゼンチン以外にも

欧州では各地でされているたまご遊びです。

こんなカンジのたまごのおもちゃが売ってまして、

その中にお菓子を入れて

家の中やお店の中、庭なんかに隠すんです。

で、子供がそれを探す。

こういうのって、

子供はホント好きですよね~。

めっちゃくちゃ盛り上がります。

 

アルゼンチンでは

もともと卵型になった

たまごチョコレートも有名で

隠して探すだけじゃなく

 

みんなでチョコたまごを持ち寄って

交換したり、

たまごで飾りつけしたでっかいケーキを

春のお祝いで食べたり、

かなりハデに楽しむんですね。

ちなみにこの卵探しですが、

たまごのおもちゃが無くっても

ホンモノのカラを乾かし紙で封をしたり

 

ガチャガチャのカプセル

代用しても十分オッケーですので、

お店で「見つけてね♪」なんてやっても

店内イベントとして盛り上がりますので

おススメです。

 

ぜひ、お店の活性化に

世界のたまごイベントが

お役立ちとなりましたら幸いです。

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご話 2022年03月31日

お店で使える!イースターの卵あそびをご紹介


こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

 

もうすっかり春らしくなりましたね!

僕たちの駐車場の桜の木も満開です。

春は一番ワクワクする季節ですね~。

 

さて、世界的に春のおおきなたまごイベントと言うと、

復活祭、イースターです。

キリスト教のお祭りとして、

クリスマスに次ぐ

世界最大規模のイベントですが、

 

たまごを食べるだけじゃなくって、

いろんな「遊び」として楽しむんですね。

 

飲食店さんや洋菓子店さん、

あなたのお店でも、

ちょっとした楽しい遊びとしての

イースターたまごイベントは、

春らしくて面白いです。

 

準備もカンタンで見映えもしますし。

 

たまごイベント、とひとくくりに言いましたが

各国でいろんな遊びがあります。

いくつかご紹介しますと…

 

◆けっこう使えそうな各国の卵あそび

『スウェーデンのたまご屋根転がし』

スウェーデンのイースターは、

ちいちゃな子供たちが魔女の恰好をして

 

家族や友達が茹でて色づけした

色とりどりの卵をもらって

お返しにカードを配るんですね。

 

で、その色とりどりの卵を、

「屋根板を斜めにした」

滑り台みたいなものの上を

コロコロ転がすんです。

 

その勢いでいちばん

向こうまで転がったひとが

優勝!という遊びです。

 

傾斜はなんでもよくって、

ヘンに割れないように

シーツなんかで板をカバーします。

 

やってみると分かりますが、

たまごはコロコロみぎひだりへ

動きながら下に転がりますから

 

ランダム性もあって

すごく盛り上がります。

 

ちなみに後から転がした人が、

前の人のたまごに当たったら、

その卵をもらえる、

というルールもありまして

なんだか昭和のビー玉あそびみたいですね。

 

もちろんゲットした茹でたまごは

持ち帰って美味しく食べます。

 

◆見映えが超ステキな卵あそび

『メキシコのエッグシャワー』

個人的には大好きなたまごイベントです。

メキシコのイースターでは、

「カスカロン」と呼ばれている

キレイに洗って乾燥させた

卵のカラの中に紙吹雪を詰めて

誰かのアタマの上で割る、

という風習があります。

 

中から出る紙吹雪がパッと散って

これすっごくキレイで楽しいんです。

このたまごから出てくる紙吹雪は

幸運をもたらす、とのいわれもあります。

 

このメキシコイースターの伝統は

歴史がかなり古くって、

 

かのマルコ・ポーロが中国を訪れた際、

空洞の卵に香料の粉を詰めるのを見て、

この習慣をヨーロッパに持ち帰り

それがメキシコへ伝わった

なんて言われてます。

 

このたまごに何かを詰めて

投げつけて割る、

っていうのって

実はけっこう色々ありまして、

 

ルネッサンス期イタリアでは、

男性が求愛する女性に向かって、

空洞にした卵の中に香油を詰めて

投げつけるなんて風習もありました。

 

そういえば日本の忍者が

卵のカラに小麦粉や灰を詰め

土煙の目くらましにした

なんてお話もありますね~。

香油とはいえ

液体を詰めて投げるのは

ちょっとアレですが、

 

紙吹雪や色のキレイな何かを

詰めて投げつけるのは

ケガもしませんし、

かなりステキな遊びアイデアだと思います。

 

ちなみにカラは

あとで紙でふさぎますので、

けっこう大きく穴をあけても大丈夫です。


いかがでしょうか!?

ぜひあなたのお店の楽しいイースターイベントで

お役立ちできましたら幸いです。

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご話 2022年03月30日