小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記 SOMMELIER DIALY

ニュースに考える 記事一覧

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

 

「培養肉」について厚生省が

本格的に検討に入るようですね。

培養肉とは、

細胞を培養することで

生き物を育てずに

食用の肉を作り出すことができる技術です。

 

普通に育てると

1年くらいかかるものを

理論上はほんの数週間で

お肉にできるのだとか。

飼育を必要としないことから

飼料不足などにも対応でき

食糧危機対策になるかも…

と考えられているんですね。

 

なにせ、

あと30年後に100億人を超える

と試算されているわけで、

「じゃあどうやって食べていくの?」

というシンプルな問いに対する

回答がいるわけです。

 

植物性100%の代用肉や卵はすでに

15000店以上の飲食店で導入されており、

世の中が「100億人時代」に対して

準備に入っているとも言えます。

記事にある培養肉については、

↑この本にさらに詳しく載ってますが

単に胃袋を満たすだけじゃなく

「健康な油脂だけが摂れる肉」

みたいなコントロールも

できるかもしれないんですね。

 

ところが・・・

現時点では、これは「食品」じゃないんです。

もちろん「畜産品」でもありません。

 

だって、

元が食材からできていませんし、

動物から摂れるわけでもないですし…

 

つまり該当する法律が無いんで、

食べられないわけです。

 

今のままの判断だと

培養肉はたとえ食品扱いできても

 

アミノ酸が合わさっている

「旨味エキス調味料」とか

 

たんぱく質の配合食品

「プロテインゼリー」なんかと

原理的に同じ区分に

なっちゃうかもしれません。

お肉なのに。

面白いですね~。

 

◆日本人が興味無いのは卵のせい?

ただし、

日本ではこの植物性肉や培養肉

いわゆる「代替プロテイン」は

めっちゃ関心が薄いんです。

欧米に比べて。

 

なぜなら、

「豆腐がうますぎる」

「たまごが食べられすぎ」

だから・・・。

 

そもそも和食では

大豆たんぱくである豆腐を

めっちゃいろんな料理で食べています。

いうなれば

“本物そっくりな植物性代用肉”

なんて無くても

「豆腐ハンバーグでいいんじゃね?美味しいし。」

という感覚なわけです。

 

さらに、世界トップクラスの卵好きな日本では、

生食や超食感の繊細な温泉玉子、

かきたま汁など、

たまごの特性を最大限活かした

たまご食文化がとても多様化しており、

「スクランブルエッグならなんとか…」

という植物性代用卵では

再現不可な料理が多いんです。

 

鶏卵は畜産の中では

かなり飼料負荷が少ないですし、

千年以上つづく大豆文化と併せると

『日本食ってすでに食糧危機対策になっている…?』

・・・のかもしれません。

 

「肉!肉がないとダメだろう!」

という欧米とはちょっとテンションが違うんでしょうね。

 

ただ、選択肢が増える中での鶏卵業界は

しっかりとお役立ち度を高める必要が

ますます出てきています。

しっかり考えてまいります。

 

しかし、

冒頭の培養肉を研究しているのは日清食品。

カップラーメンの「謎肉」を出す会社が

未知の肉の研究をしているのは、

かなり面白さがありますね~。

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , ニュースに考える 2022年06月21日

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

 

朝日新聞が、SDGs推進の文脈で

薪ストーブを特集記事を書き

それって逆に

大気汚染や森林破壊の原因じゃないか!

…と炎上していますね。

 

うーん、言われてみれば確かに。

近視眼的には

燃えるゴミなんかを家庭で燃やし

減らせて良いのかもしれませんが

 

大局的には

大規模森林破壊や大気汚染は

そもそも無秩序にみんなが

モノを燃やしたから…

薪ストーブが広まったら

昔に戻るわけです。

 

こういった考え方って

ホント気をつけないといけないですよね~。

 

うっかりしていると

何か良いことをしているつもりでも

真逆の悪効果になっちゃっていることも

往々にしてあるんですよね。

 

僕が23歳で

大手食品メーカーに入社した時

まず教えられたのがこの

「トータルで考える影響」でした。

 

当時、その会社で販売していた

ガラス容器入りのお酢商品は

「リターナブルびん」と

言われるもので製造していまして

『使ったビンを持ち帰って

工場で洗浄してまた使う』

のが当たり前でした。

それを、「ビンカンペットボトル」で捨てて

溶かして再利用してください。

という通常ガラスビン方式に

切り替えている真っ最中でした。

 

「せっかく繰り返し使えるのに、

環境にやさしくなくなる!」

って批判がでていたのですが、

 

これは、リターナブル瓶の

・一本ずつ回収して

・洗浄して

・乾かして

・また使う

 

その洗浄の水質負荷や

乾燥の燃料代

何度もつかうため

割れないように重く

しっかりしたビンにするためにかかる輸送コスト

 

そんなもののエネルギーロスの方が

よっぽど大きかった。

だから、やめちゃおう。

 

新入社員としての僕にとっては

けっこう新鮮だったのを覚えています。

 

20年近く前のハナシですが、

ときどき新しい環境対策のニュースを見ると

この話を思い出します。

 

トータルコストで見て

はたしてメリットになってるのかなぁ…と。

イギリス環境省がエコバッグ131回使って

やっとレジ袋よりエコ、と発表していますが、

じっさい現状どんな活用ぶりなんでしょうか。

 

環境対策に限らず

お店でのサービスなんかも同じかもしれません。

利便性などお客様のためと

思っていてもそうじゃなかったり

することもありそうです。

たとえば、朝食なんかで

「たまごのカラはキレイじゃないから」

という理由でお客様からの指摘を受け

 

ひとつひとつたまごを小鉢に

割り込んで提供する宿を旅先で

見かけたことがあります。

 

「無洗卵」じゃないかぎり、

ほぼ100%のたまごは

GPセンターと呼ばれる選別場で

次亜塩素酸殺菌水で洗浄されています。

僕たちも抜き取り検査で

カラの菌チェックをしますが、

菌がいた結果はこれまでゼロです。

 

こういったことをキチンとお伝えすれば

コロナ禍では逆に

それぞれでたまごをパカッと割って

自分で朝食として食べる方が

安心に感じるんじゃないでしょうか。

 

時代でも変わるかと思いますが、

「真逆かも!?」と

ちょっと視点を変えてみると

あなたのお店の

サービス進化のヒントになるかもです。

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , ニュースに考える 2022年01月9日

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

今朝の新聞に、

落語家・柳家小三治さんの訃報が一面に出てました。

 

とても残念です。

僕は落語が好きで、

しょっちゅう聴きにいくのですが、

 

小三治師匠の落語は、ホント別格

とにかく引き込まれるんですね。

 

そして、たまご屋としても

僕にとって

大切な方だったんです。

 

小三治さんは別名「まくらの小三治」と呼ばれてまして、

落語始まりの「まくら」、

ちょっとした世間話がめちゃくちゃ面白いんです。

まくら7割・落語3くらいのカンジで、全部まくら、ということもあるくらい。

 

そして、最も有名な「まくら」のひとつが、

「たまごかけごはん」、なんです。

たまごかけごはんへの愛情を熱く

軽妙に語った超ステキなまくらです。

小三治師匠の「まくら」ばなしを集めた

「ま・く・ら」という本(講談社)が出てるんですが

そこで見てみると、

 

『夢のまた夢でしたね。ましてやね、玉子なんてぇものはね、金の宝石でしたよ。え~、これが何かのかげんで、闇米かなんかでこっちに流れてきて、闇玉子かなんかがたまたま出くわすんです。(後略)』

 

とこんなカンジで、

子供の頃のたまごかけごはんの思い出から、

ぜいたくに食べる

「究極のたまごかけごはんの食べ方」まで、

 

まるまる20分間ものまくら、

文字にして

なんと15ページ!も

卵かけ御飯について、語ってくれているんです。

うれしいですね。

一読すると、たとえ夜中だろうが卵かけ御飯が食べたくなります。

 

このたまごかけごはんの「まくら」は、

あまりに評判になったため

CDにもなってまして、

 

僕はたまご屋の代表になって

すぐの頃に、それを聞いたんです。

 

衝撃をうけました。

面白いから、

だけじゃありません。

 

古典の名作落語を聞きに来た好事家たちに

たまごかけごはんの話を

20分間も話して

魅了するんですよ?

 

たまごのプロたるべき自分は、

たまごの魅力を

はたして20分間語り続けられるだろうか…?

 

負けちゃいけないよな!

そう思ったのを覚えています。

 

たまごの魅力を伝えることの

大切さを意識したのは、

そのときからのように思います。

 

今なら2時間でも

たまごかけごはんの話はできますが

でも聴く人を魅了する…のは

まだ遠くおよびません。

 

ちなみに「まくらの小三治」のきかっけですが、

「本題に自信がないので独演会などのときにぐずぐずごまかしのためにやりだした。それがいつのまにか小三治はマクラの方が面白いなんてことを言いだすヤツが出てきやがった。」

のだそうで、

長所と短所はまさしく裏返しだなぁ、と感じます。

 

僕も苦手を活かしつつ、今後も

たまごかけごはんの魅力を伝えてまいります!

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

 

※小三治師匠の「究極のたまごかけご飯レシピ」は下記↓にて以前ご紹介しました

(関連:たまごかけご飯好きの有名人・・・その8 柳家小三治 師匠

カテゴリー | ソムリエ日記 , ニュースに考える 2021年10月12日

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

「ブランド総合研究所」の都道府県魅力度ランキングが話題になっていますね。

 

最下位だった茨城県の大井川知事が

不満を述べるなど

不本意だ!とする反応も

出ているようです。

でもこれって、

考えてみると

「魅力が無い」のと

「毎日とてもありがたい」

のは、全く別ですよね。

 

たとえばコンビニ。

無いとめちゃくちゃ不便ですし、

先日の地震なんかでも

 

夜中に歩いて帰宅した人は、

途中に寄れるコンビニの明かり、

その大切さをかみしめたんじゃないでしょうか。

 

でも、

「魅力あるレストラン」の

アンケートがあったとして

 

「セブンイレブン」とか

「ローソン」なんて選ばないですよね?

 

むしろめったに行けないレストランさんを選ぶのではないでしょうか。

 

上の都道府県魅力ランキングも、

1位北海道、2位京都、3位沖縄ですから、

おいそれと行かない場所ばかり。

 

対して茨城県や昨年最下位の埼玉県は

GDPは高く都心への利便性も良い、

「毎日ありがたい」県なんじゃないでしょうか。

 

僕たちのお届けする「たまご」も同様です。

毎日スーパーさんで手に入る卵と、

僕たちの

大寒の頃2週間しか作らない

「鳴門金時さつまいもをたっぷり食べた卵」

は、どちらも大切な役割があると思ってます。

 

お客さんにとっての「価値」が違いますので、

それこそいっしょくたにされないよう、

 

僕たちは

「ハレの日」の『ワクワク』

をいっしょに受け取ってもらう

そんな育て方や、

情報発信が必要です。

 

あなたのお店はいかがでしょうか?

 

僕たちの取引先さまのお店でも、

83種のたまごのうち、

必要とされるたまごがガラッと違います。

 

たとえば、

親子丼専門店さんと

かつ丼屋さん。

 

お客様の「来店頻度」がちがいますので、

たまごの伝えるべき「価値」の差になります。

 

毎週々々食べようと思われにくい

親子丼専門店さんや、

焼き肉店さん

高級店さんでは、

 

できあがりの料理に驚きがある特別な卵

そして育て方を知ってさらに驚く

そんな卵が

たまの贅沢感とワクワクを産みます。

 

来店頻度の高いお店

かつどん屋さんや

うどん店さん

カレー店さんなどでは、

 

加熱特性など

各たまごと料理の「相性」とか

 

親近感や安心感など

別の必要な「たまご価値」が

あります。

 

ようは、

「おんなじランキングに入らない」

のが大事なんじゃないでしょうか。

 

あなたのお店が魅力ランキング一位になるたった一つの方法は、

「一位になるランキング」をえらぶことですよね。

 

上記の知事さんも、

「最下位でしたが、どんな気持ちですか?」

って言ってきた記者に、不満を言うんじゃなくて

 

「でもあなた、魅力度一位の北海道に住んでないでしょう?なぜです?」

「生活の魅力では一位なんで、べつにいーんです。」

って言うべきだったんじゃないですかね。

 

『現在は、過去が産んだ卵であり、その殻の中に未来がある。』
(ゾラ・ニール・ハーストン:米国作家)

 

ぜひ未来の価値ランキング一位を!

あなたのお店でお選びくださいませ~。

ご繁盛をお祈りいたしております。

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , ニュースに考える 2021年10月10日

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

先週、2つの面白いニュースがありました。

ひとつは、

“NTTがリモートワークを基本にして、転勤・単身赴任を原則廃止”

 

今って、夫婦共働き世帯が5割を超えていますので、

家族で転勤、ってデメリット多いですよね。

 

30万人のグループ社員全員が対象とのことで、

ネットニュースのコメント欄には、

「うらやましい。」

「大手が始めた事に意味がある。他も追随するだろう。」

と好意的な反応が多く出てました。

 

反面、

「地方へ分散移転→そこからリモートワークなんだから、いまの就業地から転居できない人たちの、ていのいい『本社リストラ』だ。」

という指摘も出ています。

 

もう一つ。

“パナソニック社長「期待の人まで早期退職を…」 組織改編で1千人超が応募”

パナソニックが先月募集していた早期退職に多くが応募し、

楠見社長が「手放したくなかった人財まで退社してしまった…!」っていうコメントを出していたニュースです。

これに対して、「経営陣が無能なんだ。」「自業自得だ。」

なんて反応がネットニュースには並んでいました。

 

その反面、

「あれは追い出す人に気持ちよく去ってもらうための方便だ。」

「社長が道化を演じているんだ。『優秀な人がいっぱい辞めたよ。残念。』ってわざわざ言う事で、辞める人の再就職に配慮しているのでは。」

という意見もでて、バズってましたね。

 

どちらも、一見好意的なニュース

またはネガティブなニュースでありながら、

まったく違う側面が見える

そしてどちらも説得力がある。

そこがとても面白いですね。

 

おそらく、NTTもパナソニックも、

指摘のあるとおり、両方の狙いがあるんじゃないでしょうか。

 

〇プラス面とネガティブ面を両方活かそう!

僕たちも同じように、

狙った事と反対の意味合いも

同時に持たせる

そんなことができます。

 

たまごでは、こんな事例があります。

ある東海地方のお客様です。

自家焙煎のコーヒーが自慢の繁盛店ですが、

「満足度は上げたいが、コストを下げたい。」

とのご要望で、

新たなこだわり卵の導入を検討しました。

一緒に数十種類を試食した結果、

「特徴ある濃厚たまご」から、

「風味の薄いたまご」

への切り替えをしたのです。

 

価格も抑えめのたまごです。

 

ところが、ですね。

モーニングセットにすると、

『一緒に食べると、コーヒーの風味がずっと強く感じられる』

ようになったのです。

それは、

たまごの強い風味がジャマをしなくなったから。

 

たまごがシンプルで特徴の薄いものになったことで、

珈琲の香りを引き立てる

 

『名わき役』になったのですね。

 

味が濃厚じゃないたまご

イコール悪いわけではありません。

また、安いイコール悪い、でもありません。

 

目的は、いらっしゃったお客様に

「美味しい料理」「幸せな体験」

をご提供する事です

 

「濃厚なたまご」も

「あっさりしたたまご」も、

どちらも「手段」です。

こちらのお客様の場合は

「自家焙煎の珈琲が自慢のお店」

ですので

味を変える、

お客様のための理由があったわけです。

 

そして、コストを下げながら

満足度を高められたんですね。

 

コストを下げながら満足度を上げる

「ブルーオーシャン戦略」という考え方の一環です。

 

いろんなたまごがその「手段」になります、

ご興味ありましたら、ぜひ一緒にやってみませんか!?

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , ニュースに考える 2021年10月6日

danran201604.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

一年ほど前の記事ですが、こんなニュースを目にしました。

凶悪少年犯罪、親の料理を食べる習慣の少なさと因果関係か 偏食や一人夕食も 警察調査 (Business Journal) – Yahoo!ニュース http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150306-00010002-biz_bj-nb

群馬県警・千葉県警にて「少年犯罪と食」について調査した結果、検挙・補導された少年達は家庭で「朝食を一人で食べる」「家以外で朝食を食べる」「夕食を一人で食べる」「家族で鍋を囲むことがない」などの共通点が多く見られました。

これらの調査は10年以上前のものですが、ふたたび世間をにぎわしている“川崎市の少年A”や、“宇都宮のリンチ殺人事件”の加害少年など、近年の凶悪犯罪でも、その傾向がみられておりまして、再度そのデータが注目されているようです。

◆楽しい記憶と料理の香りはつながりやすい
話は少し変わりますが、「香り」と「記憶」には深いつながりがあります。 嗅覚の情報は五感の中で唯一、喜怒哀楽・感情などをつかさどる脳の部分「海馬」に直接送り込まれることが知られています。

医学的にも、匂いは感情や記憶を呼び起こしやすいということが証明されています。 これをプルースト効果と言います。

フト嗅いだクッキーの甘い香り、プールのニオイ、海風の匂いから、子供の頃の記憶が鮮やかによみがえる・・・・・・こんな経験は皆さんもあるのではないでしょうか。

食に関しても、香りは重要です。

楽しい食卓を囲んだ記憶・・・・・・これが料理の香りと共に記憶に残り、以後その食事をするたびに、楽しかった感情の記憶がよみがえる。 この香りと結びついた楽しい記憶が、一生の財産として、人を幸せな人生にしてくれるのかもしれません。

だから、楽しい食卓を囲むって本当に大事なんです。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , ニュースに考える 2016年04月8日