小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

たまごの泣ける話:オムライスとごはん

こんにちは!

年々涙腺の弱くなっているこばやしです。

得意先の洋菓子屋さんで、「ケーキにまつわる想い出」を募集しているところがあります。

「心に残った誕生日のケーキ」や、「お母さんと初めて食べたショートケーキのよろこび」など、たくさんのお客様から募集し、毎年一冊の冊子にされています。

読むだけでじんわり心が温かくなる、「モノから価値へ」の、すばらしい取り組みだと感じます。

さて、オムライスにまつわるお話を一つ、ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20年前ぐらいの前の話 
当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。
子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
飯食いに行こうって話になった。
メニューの漢字・・・読めなかった。
読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。
店員、固まってた。
クスクスって笑い声も聞こえてきた。
そしたら同級生
「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・
店出た後、同級生が一言
「うまかったな」って言った。
「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

泣けてきた
心の底から人に「ありがとう」って思った。
そいつは今でも親友です。

http://ayacnews2nd.com/archives/51389572.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すてきな友情ですね。

きっとオムライスを食べるたびに、思い出されるのではないでしょうか?

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの話題2010年10月25日