小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

オムレツを見極めるお客さま【たまごの名言】

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

今日は、たまごの名言をご紹介。

<私は卵を産むことはできないが、

オムレツを見極めるのは得意だ>

– ジョージ・バーナード・ショー

 

うーん、面白い表現ですね。

「当事者じゃないけれども

物事は良く見えるんだぜ。」

という意味でしょうか。

 

これ、

料理人さん・飲食店さんと

お客様の関係にも

つながりますよね~。

 

ご来店のお客さまは、

味、店のサービスに

ご評価をされます。

 

『わかってないなぁ。』

『そんなに言うなら

作ってみろってんだ。』

なんて感じることも

あるかもしれません。

 

いや実際にそんなボヤキを

聞いた事もあります。

 

ですが、

食べる側も

理屈は分からなくても、

 

「なんとなく感じる」

というふうに

良い点・物足りない点を

わりと正確に

把握していらっしゃる

んじゃないでしょうか。

 

専門家であることと、

良しあしを判断できる

ことって、べつに

カンケー無いのかもしれません。

 

むしろ、

『卵を産む』の部分を知らない

からこそ純粋に

『オムレツの見極め』が

正確に分かる場合もありそうです。

 

僕たちと得意先の飲食店さまの

関係も同じかもしれません。

 

僕たちは料理のプロじゃないですし

飲食店経営もしていません。

 

ですが、

数十年の中で、

何百件もの繁盛店と、

それ以上のつぶれたお店を

見てきています。

 

たまごを通した

ご提案の中で、

 

僕たちだからこそ

見えているものが

あるようにも感じます。

 


この言葉を言った

バーナード・ショーさんは

英国の劇作家で評論家、

政治家で文学者、

 

ノーベル文学賞まで受賞している

スゴイ方。

 

映画「マイフェアレディ」の

原作となった小説を書いた

ことでも有名ですね。

めちゃめちゃ元気な方で

殺生を嫌う

ベジタリアンでしたが

たまご料理は食べたそうです。

 

「私は動物の死体を

食べる趣味はないね。

食べてれば早く死ねたけども、

 

永遠に生きるんじゃないか

って言うくらい

長生きしちゃうのが

ベジタリアンの唯一の欠点だよね。」

 

みたいな事を言うくらい、

長生きをしまして、

 

94歳までピンピンして

仕事をこなし、

 

その最後も、

庭で作業中に

ウッカリ転んで

骨折したことが死因でした。

 

バーナード・ショウさんは他にも

こんなエピソードがあります。


とても太った作家が、

バーナード・ショウをからかいました。

「君はいつも痩せているね~。

外国人が君を見たら

イギリスは飢饉じゃないのか

って心配するだろうよ。」

 

ショウは言い返しました。

「外国人が君を見たら、

飢謹の原因は

君だと思うだろうさ。」


うーん、

こんな切り返しできる人に

なってみたいものですね~。

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。