小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

ニワトリはなぜ唐辛子を食べるのか

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

 

唐辛子ってありますよね?

あれ、英語でなんて言うかご存じですか?

 

「ホットペッパー」、

直訳すると「からいコショウ」。

でも、唐辛子ってコショウと

ぜんぜん違う植物で、

なのに「コショウ」って名前になっている・・・

なんでなんでしょうね。

 

これ実は、命名したのは

あのコロンブスさんなんです。

黄金と同じくらい

価値のあったコショウを手に入れるため

 

「大西洋をわたってインドに行く!」

…そのとちゅうでアメリカ大陸を

見つけちゃいましたから、

 

「ここがインドにちがいない!」

と、現地の香辛料「トウガラシ」を

持ち帰ったのです。

 

スポンサーの手前、

「これちょっと変わったコショウなんですよ。」

と言い張って。

でも「なんじゃこりゃ。」

ってんで当時のヨーロッパでは

まったく受け入れられず、

 

むしろ暑さの本場インドや

東南アジア、中国に持ち込まれて

そっちで広がったのですね。

 

そして現在

唐辛子の生産世界一はインドに。

世界需要の4割を作っています。

 

面白いですね~。

インド産だと思って持ち帰り、

結果としてインド名産になるとは。

 

さて、このトウガラシ実は!

ニワトリさんが食べても

まっったく平気で、辛くないんですね。

 

そもそも「赤い実」って、

「食べると甘い」のが

自然界のお約束。

 

赤色をみつけて食べてもらい

遠くまで種を運んでもらう。

そのためですね。

 

でも、トウガラシは赤いのに甘くない…?

それは鳥さん「だけ」に

食べてもらいたいから。

 

それ以外の生物が食べると

カプサイシンの刺激で

口がめっちゃ痛い…!

体がヘン…!

となって食べるのをやめちゃうんです。

 

でも、

ニワトリ含む鳥類は

トウガラシを食べても

辛味のカプサイシンが刺激しないので

「甘~い!」って感じるんです。

採卵養鶏ではニワトリの飼料に

トウガラシを入れることがありまして、

これはおおむね卵黄の色味を

良くするため。

 

たまごの黄身の色って

食べたものに影響されるんですね。

たとえば

トウモロコシを食べると

黄色っぽさが増しますし

 

ニンジンやパプリカ

トウガラシを食べると

赤っぽさが増すんです。

 

「だからまやかしだ。」

なんていう人もいますが、

 

人間の本能は温かみのある色を

「おいしそう」と感じるように

できてます。

ラーメン屋の赤ちょうちんが

赤色をしているのもそのため。

 

個人的には

そういった色味も含めた

「おいしさ」だと思っています。

より美味しいたまごづくりには

ステキな色味、

つまりトウガラシも必要なんですね~。

 

ちなみに人間のように

トウガラシをニワトリさんが食べると

脂肪燃焼効果なんかがあるのかどうか

を調べた研究もありますが、

 

ニワトリさんにはそんな効果は

さっぱりなかったとのことでした。

 

刺激→発汗!みたいな作用がないから

当然といえばそうかもしれません。

 

あとひと月で夏本番がやってきます!

ぼくたち人間は、辛味を活用して

元気出していきましょうね!

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , おいしさ雑学2022年06月6日