小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

このたまごは本物か偽物か!?

こんにちは!たまごのソムリエ・小林ゴールドエッグのこばやしです。

先日、たまたま所用あって、本物の戦車と敵部隊(?)をダマすためのダミー戦車を同時に見る機会がありました。

tank_fake.jpg

右が風船を膨らませたものなのですが、いやー、コレは遠目に見たら分からないですねェ。スゴイです。 このダミー戦車をお作りになっていらっしゃる社長さんのお話も伺ったのですが、熱源探知や最新機器を騙す工夫もたくさん入っているそうで、大変面白かったです。

実はたまごも色んなフェイク商品があって、例えば下の写真なのですが、

egg_fake.jpg

意外と間近で見ても判別つかないくらい、精巧なものもあるんですね。これは確かプラスチック製。

我々がお客様にディスプレイで使っていただくタマゴは、本物に穴を開け中身を出して作ります。

tamagodisp04.jpg

なので、かぎりなく本物に近い偽物(?)ができるのですが、いかんせん天然ものですから日の光に長いこと当たるとだんだん退色して薄くなってくるんですねー。(;)

fake_eggs2nakami.jpg

この写真は、以前ニュースになった詐欺、中国の偽たまご。アルギン酸という海藻由来のゼリーからできています。

fake_eggs3honmono.jpg

一人一日1000個くらい手作りしてたそうですが、ここまで手間かけるくらいなら本物売った方が長続きして良いんじゃないかと思います。

 

◆みんなが喜ぶ偽者
カニカマボコなんかは、欧州では「20世紀最大の発明」なんて言われているようですし、例えば上の「ダミー戦車」は実際に軍備を持たなくても持っているかのように感じさせることができるわけで、ある意味軍備縮小のため平和利用という見方もできます。 偽物、というとイメージは良くないですが、目的がキチンとしていれば、皆が喜ぶ有効活用だってたくさんあるわけですね。

上記の中国にニセ卵も、騙そうという目的だからダメなのであって、ホントに見破られないくらいスゴイ偽タマゴであれば、「アレルギーの子供が食べられるたまご」としてだったら、買う人も多いんじゃないかなァ・・・。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご2013年06月10日