小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

面白たまごグッズ 【卵の中身吸出し器】

nakamisuidasi201403.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

さて、世の中には変わった卵グッズが沢山あります。

この時期に欧米でたくさん売れる面白たまごグッズは、コレ

nakamisuidasiki201403.jpg

「エッグブロワー」という名前で、ようするに「卵の中身吸出しセット」です。これ、卵に小さな穴を開けてカラにできるだけキズをつけず、中身を出してしまう道具なんですね。

1セット、8ドル95セント。900円くらいでしょうか。

そんな事して、なんの意味があるんだよ!?

と、疑問のアナタ、実はコレは欧米のキリスト教文化と密接に結びついているんですね。

欧米で毎年4月に行われる『イースター(復活祭)』というお祭りがあります。 キリストの復活を祝うお祭りですが、この祭りの飾り付けは、たまごを使う風習があるんです。(2014年は4月20日)

tamagokazari2014032.jpg

こういった卵飾りをたくさん作るためには、このような便利グッズが必要!なんですねー。 さて、どう使うかを少しご紹介しますと、

1)たまごに穴を開ける

tamagokazari2014033.jpg

ドリルでぐりぐりやって、たまごのおしりに穴を開けます。 

2)クリップでつついて黄身と白身を混ぜる

tamagokazari_pin2.jpg

中身を出しやすくするために、中でかき混ぜちゃいます。

 

3)ポンプ(ふいご)で奥から空気を送って、穴から中身を出す

tamagokazari2014034.jpg

こんな風に、奥から空気圧で押し出すわけですね。 空気圧に押されて中身が小さい穴から出てくるわけです。プロセス(2)でちゃんとかき混ぜてないと、白身がなかなか出てきません。この「中身押し出し」が、いっちばん時間かかるんですよ。こばやしも何度となく作ってますが、昔はここでスッゴク苦労しました。(^^;)こんな便利道具をもっと早く知っていれば……。

4)中身をキレイに洗う → 乾かす
上記のポンプに今度は水を入れて、洗い流します。これで乾かすと完成です! 

さて、いかがでしたでしょうか? たまごは身の回りにあってなじみ深い食材です。 子供の工作やちょっとした飾り付けに卵を使ってみるのも面白いんじゃないでしょうか。ここまで紹介しといてなんですが、ご家庭にあるものだけでもちゃんと作れますので、また後日ご紹介しますねー。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:たまごのソムリ日記たまごだらけ!米国のイースターお祭り【復活祭】は面白い! – たまごのソムリエ日記
(関連:エッ!卵の成る木!?_たわわに実ったたまごのニュース他(ドイツ) – たまごのソムリエ日記

(参照:Pysanky Beginner Class Introductionhttp://www.allthingsukrainian.com/Class/Blow_Egg/Egg_Blower.htm

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご2014年04月3日