小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

たまごっちで消えた労働時間とイグ・ノーベル賞

昨日8月31日は、ナムコの期間限定テーマパーク「たまごっちアイドルパークの最終日でした。

1996年に発売されて以来、多くの人を魅了してきた「たまごっち」。

今年で15年も経つんですね。

ところで、先日ご紹介した「人々を笑わせ、かつ考えさせてくれる研究」に対して贈られる「イグノーベル賞」、

実はたまごっち発売一年後の1997年、「『たまごっち』によって数百万人分の労働時間が仮想ペットの飼育に費やされたこと」に対して、この栄えある(?)イグ・ノーベル経済学賞が二人の日本人に授与されています。

それくらい、とても手軽に、とても沢山の人が、電子の丸い塊である「たまごっち」に対して並々ならぬ愛情と時間を注いできたということですね。(^^)

 

◆労働時間は失われたけど・・?
つまり、見方を変えると、それだけ沢山の人が、ペットの愛情に飢えていたということかもしれません。

なにせピーク時には、寿命で死んでしまった「たまごっちキャラ」を悼むために、ネットコミュニティ上の掲示板に“電子共同墓地”ができ、何百人もの登録者があったくらいです。それくらい、その愛らしいキャラクターに惚れ込む人が続出したわけですから・・・。

数百万人分の愛情を育む機械を作ったワケで、平和賞の方が似合うかも?

いやいや、それじゃ「笑え」ません。

同96年のイグ・ノーベル平和賞は、

「広島原爆投下50周年を記念し、太平洋で核実験を行った」ことに対して、フランス大統領ジャック・シラクに贈られています。

なるほど、皮肉が利いてますね。(^^;)

(関連日記)イグ・ノーベル賞受賞の面白たまご研究 

 

※たまごっちアイドルパークとは、ナムコがバンダイと共同企画した女児向けのテーマパークで、宮城県名取市イオンモールに今年4月にオープンしたものです。  

カテゴリー | ソムリエ日記 , 面白たまご2010年09月1日