小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

目が見えない鶏でも‥‥‥【たまご鶏のことわざ その66】

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

たまご・鶏のことわざ第66弾、今回はドイツから。

<目の見えない鶏でも小麦に行き当たる>

とにかくトライ続ければ良いものに当たるよ、の意。ヘタな鉄砲数撃ちゃ当たる、ですね。

東欧にもまったく同じ表現のことわざがありまして、これは『才能がなくっても努力すれば成功するよ』の意味だったりします。

どちらもポジティブな意味ですね。


ちなみに鶏さんはあまり目が良くありません。

遠くを見通すワシやトビなんかは人間の4倍の視力があります。

ただ鶏さんは、視力で言うと0.07程度。視力検査でいうと、一番上っかわの大きなのがゼンゼン見えないレベル。

そして、夜はサッパリ見えない。

「鳥目」という言葉も、もともとは鶏さんが由来です。

これはやはり、空を飛ぶ必要がなくなった事が大きいんじゃないかと思います。

遠くまで見る必要が無いわけですから。

同じく空を飛ばない鳥たち、

ペンギンも視力0.1程度でほぼ鶏さんと変わりませんし、

オーストラリアのキウィにいたっては全く目が見えません。

とかく生き物は無駄なリソースには極力エネルギーを割かないように進化しますので、恐竜から鶏までいろんなものを捨てて洗練されてきた結果だとも言えます。

コロナ禍、ふたたびのまん延となっており先が見えない状況ではありますが、僕たちもニワトリさんのようにとにかく行動・トライで結果につなげていくしかないですね!

ここまでお読みくださってありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまご・鶏のことわざ2021年04月29日