小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

2つの卵と将軍の過去【たまご鶏のことわざ その63】

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

たまごの故事ことわざ・第63弾、今回は中国から。

<二卵弃干城>(二卵を以て干城の将を捨つ)

「卵2個で将軍を捨てちゃう」→「小さな欠点にこだわって大事なものを逃がす」という意味です。


昔々、中国の春秋戦国時代のお話です。

衛という国に、孔子の孫・子思(しし)さんという方が住んでいました。

ある時、ししサンが王様に「苟変(こうへん)という者がおりまして、大変優秀です。ぜひ干城(将軍)に採り立てるべきです。」と提案したんですね。

ところがそれを聞いた王様、

「ふ~む…!?そのコウヘンとやらは、税の徴収の際に卵2個ずつをちょろまかしていたと聞いたぞ。そんなヤツを重要な職につけるなんてダメじゃろう。」

との返答。過去にセコい着服をしていた人物のようです。うーん、

すると子思さんは、

「何をおっしゃるんですか。立派な大木だって、小さく朽ちてる所は何か所かあります。でも優れた大工ならそんな所があったってちゃんと大木を活かしますよ。たった2個の卵で、大将軍を捨てるおつもりですか?」

と返したそうです。

つまり、欠点に目をつぶって長所をちゃんと見ましょうよ、というお話ですね。


『欠けたドーナツ理論』と申しまして、

まん丸なドーナツの一部が欠けていると、残りのほとんどは欠けてないのに、とにかく欠けた部分ばかりに目が行ってしまうんです。

人間も、ステキで立派な長所がたくさんあるのに、とかく欠点ばかりに目がいきがちなんですね。

皆さんもそんな経験ありませんでしょうか?

つい欠点が気になる、そういう一面がある以上、

意識して「良い面」を見るように訓練していかないといけませんよね。

二卵を以て干城の将を捨つ』は、人間は誰でも長所半分・短所半分である、短所は無くならないんだから長所を見て伸ばしていきましょう。そんなことを教えてくれる故事成語です。

 

〇たまご2個はちっちゃなこと……!?

このお話の時代はだいたい2500年くらい前なのですが、その頃に卵が世に普及していて卵2個が「小さな横領」として出てきているという事に、卵屋としては注目したいです。

中国から鶏が日本に伝わってきたのもだいたい2500年前のその頃で、またローマでも卵を沢山産むように鶏が品種改良され始めたのが同じ時期なんです。世界的に鶏卵が広がりつつあった時期なんですね。

貴重品から「割と身近な食材」へ、そんな過渡期のエピソードとしてのこの故事成語「二卵弃干城」、なかなか興味深いです。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまご・鶏のことわざ2020年08月12日