小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

寒さとアツアツたまご

medamayaki_0912.jpg

全国的に寒い週末となるようですね。

こんな日はあったかい鍋かおでんですね!

さて、あったかくした料理を食べる場合、ちょっと気になるのがその栄養成分の変化と消化吸収率。

一般的に卵白は加熱凝固させた方が生より消化吸収がよく、卵黄では生の方が良いとされています。

ということは、黄身半熟のゆで玉子が消化の面では最高、ということでしょうか。

効率よく熱量(エネルギー)になるため、ダイバーは冬に潜る際、ゆで玉子を食べて潜るケースもあるそうです。

また、たまごは加熱による栄養価値の変化はかなり小さい食材です。無機成分、ビタミンB1、B2などは普通の加熱調理ではほとんど減少しません。

アツアツの料理で健康になるなら、たまごはピッタリの食材ということですね!

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの話題2009年12月17日