小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

卵と鶏でツルツル肌へ

 

ude.jpg

本格的に寒くなってきましたね。いよいよ冬も間近です。

お肌の乾燥対策もそろそろ考えなくちゃいけませんね。

今日はお肌と卵のお話です。

 

■食べて塗って、たまごでお肌ケア!
かのクレオパトラはその昔、卵とはちみつを混ぜた特性パックを顔に塗ってお肌のケアをしていたそうです。

そして、卵は食べてもお肌に良い食品なんです。

たまごはアミノ酸たっぷりの完全栄養食。このアミノ酸が、お肌のみずみずしさと張りを作るコラーゲンの素になるんです。

毎日食べるだけでも、卵のアミノ酸がお肌の皮膚の細胞分裂を促しコラーゲンを蓄えてくれるんですね。

補完としてビタミンCを取れば、更にカンペキな美容食になります。

(加えて白い美肌を維持する成分「システイン」の素になる、シスチンというアミノ酸が卵殻膜に含まれていることが最近の研究で分かっています)

 

■にわとりさん自身にも美肌の秘密が・・!
赤ちゃんの肌は、それこそゆで卵を剥いたようにプルプルツルンとしています。

これはヒアルロン酸という水溶性高分子のおかげ。

chikin.jpgのサムネール画像

この成分、美容業界では奇跡の美容成分とも言われている高級素材です。

このヒアルロン酸が、にわとりさんのトサカに大量に含まれているんです。

大手化粧品メーカーのなかには、このトサカを集めてヒアルロン酸を抽出し高級化粧品をつくっているところもあります。

 

「卵肌(たまごはだ)」という言葉があるように、見た目のイメージも含めてたまごと美容は深い関係があるんです。

まずはおいしく食べて、体の内側から肌をキレイにしてみませんか?

 

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの話題 , ソムリエ日記 , 健康2009年11月18日