小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

たまごスープが家計を救う!?

 

chaina_soup.jpg

「モノではなく、価値を売る。」

 

こういう発想があります。

例えばレストランでも、ある店は「健康」を売っていたり、

また別の店は「家族の団らん」を売っていたりします。

さて、話変わって、クノールの「たまごスープ」。

発売開始から十数年たった、ロングセラー商品です。

この商品が、伝える「価値」を変えることで、売上を伸ばしているのをご存知でしょうか?

スープ飯ブームのおかげ!? 味の素のたまごスープが好調(日経トレンディネット)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20090903/1028550/

この記事によると、

家庭でのご飯に関する調査によると、不景気の影響で家でご飯を炊く頻度が増えており、80%の家庭がご飯を余らせているんだそうです。

さらに約80%の家庭の主婦は、余ったご飯を有効に活用するレシピを知りたがっているそうです。

余ったご飯の活用にスープ飯はもってこいなんです。

そして、「たまごスープの素」は、このスープ飯にピッタリで、しかも応用力大。

そこの食べ方を提案して、新しい価値を伝えているんですね。

不況の中、余ったご飯を無駄にしたくない、そしてそのご飯を使って、もっとおいしい食事をしたいとのニーズが、スープご飯のファンを増やしているようです。

つまり、「おいしさ」だけじゃなくて「節約」を売っているということですね。

だから不況のなか、新しいお客さんを創出しているわけです。

うーむ、なるほど。

では、自分たちはいったい何を売っているのか?

たまごという商品は一緒でも、

「おいしさ」なのか、「繁盛」なのか、「ワクワク感」なのか、届ける価値をハッキリさせて方法(戦略)を変えていくことが、「経営」なんでしょう。

我が社は今月末が決算。

来期の計画へ向けて、いろいろ考えさせられるニュースでした。(^^)

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの話題2009年09月8日