小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

なぜ人は卵を投げるのか・・?

 

tamagonage_201706_lst2.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

 

先々月にあった仏大統領選の最中、

候補者だった政治家ルペン氏が遊説中に生卵を投げつけられた、というニュースがありました。↓

eggthrow201706.jpg

この「卵投げつけ」という行為。

コレ、世界規模で行われていまして、

特に欧米で良く目にするんですね。

アメリカでも選挙中に投げられています。(参照:シュワルツェネッガー氏を当選させた、たまごジョーク

イギリスではハローウィンのイタズラに卵を投げる若者が続出したため、なんと十代の若者に対して卵の販売を禁止するという騒ぎまで起こっています。
(参照:イギリスで若者への”卵”販売が禁止に

下の写真は、

ウクライナ国会の一場面。

eggthrowing.jpg

コレ、国会の議事中ですよ!?

ぶつけられる方も、

すでに分かってるのでカサを用意しています(^^;)

スンゴイですねェ…。

「カサ」と「卵投げ」で言えば、

イギリス独立党のナイジェル・ファラージュ党首が

公開討論中に卵を投げつけられ、

これをカサで防ぎながら討論したという一幕もありました。

eggthrowing_201702.jpg

さて、この「卵を投げぶつける」という行為ですが、

実は数百年前から続く伝統だと言ったら、

みなさん驚かれますでしょうか!?

 

◆昔からの伝統だった!卵投げのルーツ
古いヨーロッパでは、

「謝肉祭(カーニバル)」のときに卵を投げるという風習がありました。

「謝肉祭」とは、

四旬節の断食が終わったあと、思いっきり羽をのばす行事。

もともとは、

お祭りでハデな大騒ぎを楽しんで、

その最後に自分たちのハチャメチャの責任を「大きな藁人形」に転嫁し、それを火あぶりにして祭りを閉幕する

 …というメチャクチャなお祭りでした。

そのハチャメチャの一つが、

卵を投げる行為

だったわけです。

要するに、「卵投げは神さまへの捧げもの」という感覚なわけですね。 

イタリアのナポリや英国の一部ではこの風習がまだ残っているようで、

「カーニバル」の時期になると古い生卵を子ども達が投げ合うため、

出歩くのに注意が必要なんだとか。

ですから、欧米でこういった事件が多いのは、この伝統のせいで心理的抵抗が薄いからかもしれません。

 

◆日本だって卵を投げる
とはいえ日本でも、時々卵投げ事件がありまして、

十年前にはタクシーを狙い少年らが生卵を投げ続けた「卵投会」事件や、

一昨年神奈川では、高速道路の車に300個も卵を投げつけ車を41台も破損させた4人組の少年が逮捕されています。http://www.sankei.com/affairs/news/150911/afr1509110075-n1.html)

これらはモチロン宗教的な事は全く関係なく、悪意100%でしょう。

ただ、ハロウィンやイースター、西洋の伝統も難なく受け入れることに定評のある日本です、ぜひ謝肉祭的な考え方までマネをしてしまうことなく、「モッタイナイ」の精神でいつまでも望めればよいなぁ、と思いますねー。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます^^

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの海外ニュース2017年06月23日