小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

100ドル(一万円)のたまごサンドイッチ、リッツカールトンホテルで登場

100dolsandwich201404.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

写真のサンドイッチは、リッツカールトンホテルシカゴで期間限定販売されていた、ひとつ100ドル(一万円)のサンドイッチです。

まず上に乗っている目玉焼きですが、たまごの黄身がゴールドになっちゃってるのは、実は本物の黄金。40年物のウェスコンシンチェダーチーズに24金の金箔を絡めたものを、黄身の上にたっぷりとかけてあります。たまごは普通の鶏さんの卵じゃなくて、アヒルです。

パンは一流職人手作りのサワードゥブレッド(ちょっと酸味の効いたパン)をスライスしたもの。それに乗っているのは、スペイン南部の牧草地でドングリをふんだんに食べて自由に育ったイベリコ豚、これを一年半かけて熟成し作り上げた最高級イベリコハムです。

また、バルサミコソースはなんと!100年物を使っているのだとか。さらに白トリュフオイルのソースがかかっています。

更に、普通ならサイドメニューとしてフライドポテトあたりが付くところを、ロブスターのマカロニチーズが添えられています。

100dollsandwich2201404.jpg

うーん、高級な食材が盛りだくさんですねェ。

これを提供するリッツカールトン・シカゴ内のレストラン“ザ・デカバー + グリル”のオーナー、エリック・シェンチナさんは、「こんなに贅沢な食材がふんだんに使われていることを知ってもらえれば、100ドルはお値打ちなんじゃないかとおもいますよ。」と言ってます。しかし、一食一万円だったら、ちょっとしたコース料理だって堪能できるんですよねェ・・・。

たまごマニアとしては上の部分だけ、「アヒルの黄金のせ目玉焼き、40年熟成のチェダーチーズかけ」を2千円くらいでゼヒとも食べてみたいなぁと思うのですがいかがでしょうか!?ウチの会社名も「小林ゴールドエッグ」ですし。(^^;)

残念ながら、期間限定メニューとして4月いっぱいで終了してしまいました。(他に書きたいコラムがあったあいだに過ぎちゃいました・・・)どんな味だったのか、気になりますね。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:世界一高価なオムレツ登場!(イギリス) – たまごのソムリエ日記

(関連2:世界一高価なプリンにビックリ! – たまごのソムリエ日記

(参照:Ritz Carlton Chicago’s $100 luxury grilled cheese sandwich | Mail Online)

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの海外ニュース2014年05月1日