小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

「たまごが高いなら減らせばいいんじゃない?」でマレーシア政府高官が炎上

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

 

世界的な穀物価格高騰で

日本だけじゃなく東南アジア全域でも

鶏卵の価格が高くなってきています。

 

いや、たまごに限らず

穀物を食べる畜産全般ですね。

 

一昨日のニュースですが、

マレーシア国内貿易消費者省の

ノレナ・ジャアファル局長が

地元ニュースのインタビューで

 

「最近の値上がりで卵が買えなくなったら、

そのぶん食べる量を減らせばいい。」

なんて答えて、SNSで大炎上しています。

「1週間に20個ほど食べていた卵を、

15個・10個と減らせばいいんです。」

とも言ってまして、

 

「生活に一番大事なたんぱく源なのに!」

「たまごで栄養を取っている国民を何と思っているんだ!」

・・・と怒りの声があがってるんですね。

 

うーん「減らせば?」は

「代わりにケーキ食べれば?」の

マリーアントワネットよりひどいですね~(汗)

 

マレーシアは価格高騰対策に

何度も価格統制をやっていまして、

 

今年の初めにも

「これ以上、卵の値段を上げるな。」

なんてお触れをだしています。

世界的な飼料高騰で

現状そんなこと言っている

状況じゃないですから

業界も猛反発していまして、

 

先月末までの価格統制のなかでも、

すでに全国のたまご屋・養鶏業者で

1000件超えての価格販売違反が発生

という大変な事態となっています。

ちなみにマレーシアは超卵好き国でして、

2015年から統計を取っていませんが、

その際は年間一人315個の消費、

日本の一人330個に次いで

世界第三位!でした。

 

高官の「週に20個を~・・・」

というのも割と実情を踏まえた

表現なんですね。

 

たまご屋としてはとてもシンパシーが沸きます。

 

◆日本の現状相場価格は…

日本でも状況は同じでして、

相場価格自体は需要と供給の

バランスによって決まるため

 

鳥インフルエンザ大発生で

大不足した昨年よりは低価格ですが、

それでも過去5年では昨年に次いで

高価格となってきています。

この先飼料価格高騰と

円安の双方がさらに進むと

全国で減産方針となり

秋口くらいには相場高騰へと

進んでくることも考えられます。

 

せめて四半世紀ぶりの

超円安だけでも

解消されれば違ってくるのですが・・・

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの海外ニュース2022年07月8日