小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

【納涼】たまご・にわとりのちょっと怖い伝説 その1

 

 kyohu_tamago.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・小林ゴールドエッグのこばやしです。

 

暑い日が続きますねー。息子と半日泳いでいたら、上半身まっ赤っ赤になってしまいました(^^;)

さて、本日はひんやりする話を。

日本でたまごが日常的に食べられるようになったのは、江戸時代から。

それまでは一般的に、卵をたくさん食べるのは「ちょっと恐ろしいコト」だと考えられていた様です。

———————–

『日本現報善悪霊異記』(822年)

因果応報を信じないある男が、毎日鳥の卵を探し出しては、煮て食べていた。
ある日、男の前に異形の兵士が現れた。 「国府からの命令ダ。ツイテコイ。」

男は兵士の後をついていくと、突然兵士は眼前の麦畑に男を押し込んだ。 と、二尺の高さに生い茂っていた麦が燃えあがる火と化した。 足の踏み場もない! 燃え盛る炎の中を、「熱い熱い!」と泣き叫びながら男は逃げ惑うが、どこにも出口がない・・・!

さて、近隣の村人が麦畑の近くを通ると、「熱い熱い!」と叫びながら麦畑を走り回っているその男がいる・・・。 不届きなイタズラ者め!と男を捕らえようとするが、泣き叫ぶばかりで暴れるのを止めない。yamakaji.jpg
ようやく捕まえて、強引に畑から引きずり出したところ、倒れ伏してようやく動かなくなった。
男は痛い痛いと呻きながら「火の山の中を走り回っていたんだ!」とこれまでのことを説明した。 
村人達が驚き裾をめくって足を見ると、男のふくらはぎの肉は焼け爛れ、骨だけになっていた。 

そのまま翌日に死んでしまったという。

この世にも地獄というものがあるんだなぁ、と村人たちは話し合ったそうである。

編者曰く、「現世で鳥の卵を煮たり焼いたりする者は、死んでから 灰河地獄に落ち、煮られた卵と同じ目に合うのである。」・・・・・・と、因果応報の大事さと殺生を禁じる言葉で締めくくった。

——————————–

と、いうお話です。 うーむ、たまごを煮ちゃいけませんか・・・。 一応たまご屋さんなので、毎日ゆで玉子やオムレツ、目玉焼きを食べてるんですよねェ。(^^;)

この書が編纂されたのは平安初期、作中の時代は奈良時代です。 お坊さんが仏教の教えを広めるために、わかりやすいエピソードをまとめたもの、と言われています。

仏教では「無傷害」という言葉があり、生命のあるものを傷つけること「殺生」を禁じています。ですので、この『日本霊異記』中のエピソードでも、猟師さん、漁師さんなど狩りをする者はかっこうの「ワルモノ」扱いです。

ただ、現代に至る仏教の解釈では、殺生がいけないわけじゃなくて単に「快楽のためだけに殺生をすること」がいけないことである、という考えにも至っています。

不殺生を突き詰めると、植物ですら生命を持ってるわけですから、何にも食べられなくなっちゃうわけです。

そもそも、快楽主義と禁欲主義の間の「中道」を行くべし、というのがブッダの教え。 現代に生きる我々としては、「肉も魚も卵もおいしく食べるけど、命の恵みと大切さに感謝して無駄にすることなくいただく」ことが地獄の炎に焼かれない真っ当な生き方じゃないでしょうか。

・・・・・・ですよね!?(^^;)

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの歴史・文学・文化学2013年07月22日