小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

江戸の文化本「 守貞謾稿」はなぜ貴重なのか?

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

先日、フジテレビのあるクイズ番組さんから、

 

江戸時代の文化風俗を記した本

「守貞謾稿」の内容について

僕に質問がありました。

 

江戸時代の

「たまごの値段」が

載っているんですね。

 

といっても生卵じゃなくて

「ゆでたまご」の値段。

一個が20文でした。

うどん・そばが16文でしたので、

現代の感覚では・・・

一個500円くらいでしょうか。

 

うーん、

わりと良いお値段ですね。

 

「鶏卵の水煮を売る 価大約廿文 詞にたまごたまごと云 必ず二声のみ 一声も三声も云ず 因云四月八日には 鶏とあひるの玉子を売る 江俗言伝ふ 今日家鴨の卵を食する者は中風を病まずの呪と 京坂 此事無也」

とありまして、

『価大約廿文』とあるのが

値段20文のコトです。

 

「たまご~たまご~」と2回言って

売り歩いていたわけですね。

当時のゆでたまごは

バテ気味の時に食べる

滋養強壮のもとでした。

 

いうなればオロナミンC

なんかのような感覚で

江戸っ子は買っていたようです。

 

また、別項には、

寿司の「玉子巻き」の値段も載っていまして、

こちらは16文。

玉子寿司の下にある

「玉子巻」とある

渦巻みたいなのは、

こんなヤツですね。

前述のように

うどんそばが当時16文で

玉子の寿司は同じ金額、

ゆでたまごはちょっと高価、

ということですね。

 

なかなか興味深いです。

寿司の方が手間が

かかってそうですが、

冷蔵保存できない江戸時代なら

 

丸のまま茹でられる鮮度の

クオリティ卵が必要な

ゆでたまごの方が、

玉子寿司より貴重ということ

だったのかもしれません。


◆「空気」を記録した本だからスゴイ!

この「 守貞謾稿」という本

すんごく重要なんですね。

 

なんでかというと

「その時代の『当たり前』って

なかなか記録に残されない」から。

 

例えば現代で言いますと

『現代用語の基礎知識』とか

『新語事典』なんてものが出てますから、

 

現代のヒット商品や

皆が熱狂した事柄なんかは

数十年経ってもわかります。

「セブンイレブンが今年は過去最高益」

とかそんなことも記録されます。

 

でも・・・

「コンビニのドアは自動ドア」とか、

「ドリンクはホットとアイスがある」

 

‥‥‥なんてことは、

わざわざ書かれたりしないんです。

なぜなら、誰でも知ってる

『当たり前』だから。

 

例えば数百年経ってから

現代のこと・令和の文化を

見返そうと思ったら、

 

こうした空気のように

あたりまえのことは、

「どんなんだっけ?」

と分からない事だらけ…

…となっちゃうかもしれません。

 

で、江戸末期に記された本

「 守貞謾稿」ですが、

この本はそういう『当たり前』の

いろ~んな空気化していた事柄を

網羅している本なのですね。

庶民がどんな食べ物を

食べていたのか。

たまごがいくらだったのか。

「たまご」というと、

何の鳥のたまごを食べていたのか。

 

お祭りで売られていた

いなり鮨には、

何の具が入っていたのか。

 

こういった、

ホントに「フツーの事」が

記されているのって、

とってもとっても貴重なんです。

で、ですね。

こういう日々の当たり前の気づきや

考え方を記すのって

今でいうなら、

この「ブログ」ですね。

 

毎日更新のこのブログも

お客様とぼくたち、

そしてニワトリや卵について

 

見逃ししやすい

日々の気づきを

記しておりますが、

 

ヘンなこと書いていても

2百年後に高く評価されるかも!?

…思って開き直ります(笑)

 

ここまでお読みくださって、

ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの歴史・文学・文化学2022年06月13日