小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

納豆と卵は健康的にもメリット大!(納豆に合う専用たまご)

こんにちは!

たまごのソムリエ・こばやしです。

昨日7月10日は「納豆の日」でしたね。

webニュース記事に

こんなものがあがっていました。

『納豆と生卵の組み合わせは本当にNG? 栄養をアップさせる“ちょい足し”食材は』(Hint-Pot) – Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/23e7fa72ffc5a77c150d1912326869f79136e5c8

 

たまご+納豆を食べられる方は多く

ぼく自身も非常~に好きな取り合わせです。

 

ですがこれが「食べ合わせだ。」

という意見があるのですね。

 

その要因はたまご白身にある

アビジンという低分子タンパク。

 

納豆は、ビタミンBの一種「ビオチン」が含まれます。

不足すると、髪や肌に影響する栄養素です。

 

40年ちょっと前の研究で、

このビタミンB・ビオチンが

卵の白身にあるアビジンと

くっついてしまい

ビオチンの吸収を妨げてしまう・・・

 

マウスを使った研究で

そんな結果報告があるのです。

 

そこから、食べ合わせの話になっちゃってるんですね。

 

上記の記事中にもありますが、

実際はビタミンBビオチンが

普段の生活で不足することって

ほとんどありません。

 

お肉にもたっぷり含まれてますし、

あなたの体内で腸内細菌が作り出したりもしています。

 

それに白身が悪影響するには

計算上では、

たまご「毎日数十個」を生で

何年も食べ続けた場合…

影響が出る「かも」というレベル。

 

どちらかというと、

卵と納豆を

一緒に食べるメリットの方が

100:1くらいの割合で

多いんですね~。

(ちなみにアビジンが含まれるのは卵の白身の話ですから納豆に黄身だけ入れる方はそもそも関係ありません)

 

たまごのレシチンは

血中のコレステロールを肝臓や細胞まで片付けてくれますし、

バランスよいアミノ酸が理想的な体作りをしてくれます。

 

また納豆のビタミンK2は

食べたカルシウムをがっちりつかんで

骨に取り込んでくれますし、

血流を良くするナットウキナーゼもたっぷりです。

 

血管をツルツル元気!にして

骨を強くする

最強タッグが卵と納豆なのです。

 

ですので、

健康をお届けする!という理念から

ぜひ!一緒に食べてほしい!と

「糸惹き納豆専用たまご」を

お届けしております。

ここまでお読みくださって

ありがとうございます。

(関連:「たまごかけご飯を食べるとはげる」という迷信→はげません | たまごのソムリエ面白コラム

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの健康情報(研究など)2022年07月11日