小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

鉄の宰相、ビスマルクの目玉焼き愛 【ビスマルク風料理】

bis_201605_2.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

偉人と卵のエピソード第6弾。

今回は19世紀ドイツの伝説的宰相、ビスマルクさんです。

ドイツ帝国の首相として辣腕を振るった方ですね。

諸侯によってばらばらだった小国プロイセン王国をまとめあげ

ドイツ帝国を確立し、

領土拡大を狙うナポレオン3世率いるフランスを封じ込めるためにオーストラリア・イタリアと同盟を結びイギリスやロシアとも協調、

またエスカレートしていたアジア・アフリカの植民地奪い合いも各国の思惑を巧みに操り均衡させてしまう・・・・・・、

とんでもない外交実力者だったお方です。

なにせ19世紀後半期から第一次世界大戦までのあいだ、

欧州においてピタリと戦争がなくなったのですが、これはビスマルクさんのたくみな外交手腕のおかげと言われています。

うーん、すごい!

 

◆日本でも大人気だったビスマルクさん◆
彼は、ドイツを大国にするため「強いドイツ」を呼びかけ軍備拡張をおこなったことから、「鉄血宰相」のあだ名で呼ばれていました。

日本でも、この方の大ファン(?)が当時たくさんいまして、

bis_rekisi201605_2.jpg

明治の総理大臣、伊藤博文サンはビスマルクさんのマネをして人前で葉巻を吸っていましたし、

“陸軍の父”山縣有朋さんは家にビスさんの銅像を飾って「日本のビスマルク」を自称していました。

旧500円札でおなじみ岩倉具視さんや、明治維新の立役者・大久保利通サンも「あの人はスゴイ!大先生だ!」と手紙で評しており、大きな感銘を受けていたようです。


◆大人気!ビスマルク風料理とは!?◆

bisstyle01.jpg

さて、このビスマルクさん、卵料理が大っっ好きだったんですね。

とにかくいろんな料理にたまごをつけ合わせることを好みました。

「ビスマルク風」という料理があります。

いちばんメジャーなのは、「ビスマルク風ピザ」でしょうか。

目玉焼きや半熟たまごを乗せた料理のことを指します。

もともとは、ビスマルクさんがステーキに目玉焼きを乗せて食べるのが大好きだったことから、『目玉焼きを乗せた料理』のことをビスマルク風と言うようになったんですね。

bisstyle02.jpg

これがまたウマい!

ハンバーグやピザ、もちろんそれだけでも十分美味しいわけですが、

目玉焼きが横にチョッと乗っている

それだけで、子供からおジイさんまで大満足!さらなる笑顔の素敵メニューにランクアップです^^

たまごの半熟黄味は旨みたっぷりですから、料理の塩かどや辛みなどもまろやかにしてくれ、また口当たりを滑らかにすることでより濃厚に肉やチーズのうまみを引き立ててくれます。 「ビスマルク風」は、美味しさの観点からも実に理にかなった料理なんですねー。

 

◆美食と質素のとりあわせ
このビスマルクさん、ドイツ国家の礎を創った方にもかかわらず、私生活では

「イスとテーブルさえあればいいんだ。」

という質素な人柄だったそうです。

清貧な生活を唯一彩る、美味しい卵料理・・・・・・なかなか興味深いです。

外交手腕をふるっただけではなく、全国民加入の社会保険制度を立ち上げなど、たくさんの方の幸福を願ったビスマルクさんと、

どんな料理でも相性抜群、お皿の上に表現される、ビスマルク風たまご料理の幸福。

納得のいく組み合わせじゃないでしょうか!

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

関連:超たまご好きだったモーツアルト – たまごのソムリエ面白コラム

関連:川の水をくみ、自分でゆでたまごを茹でていたフランス王 – たまごのソムリエ面白コラム

 関連:卵じゃなく時計をゆでたニュートン – たまごのソムリエ面白コラム

関連:ライト兄弟の名スピーチと鶏さん – たまごのソムリエ面白コラム

関連:2週間で9kg減!?鉄の女・サッチャー首相のたまごダイエットレシピ- たまごのソムリエ面白コラム