トップページ > 取り扱い商品一覧 > 木屋平高原放し飼いたまご

木屋平高原放し飼いたまご

緑ゆたかな高原で育った健康たまご

標高四百メートル、徳島県木屋平村の高原清水と餌をたっぷり食べて、茶畑や柚子畑の間をのびのび元気に歩き回って育ったお母さん鶏から生まれました。
だしまきたまごには、最上級のたまごとして多くのお客様からご好評を頂いております。

大自然が育てた元気な栄養たまご

「木屋平高原放し飼いたまご」は、徳島県の南中心部に位置する、標高400mの木屋平高原にて完全放し飼いされた鶏の卵です。
緑豊かな高原の山奥、柚子の木畑や御茶畑の間で、元気に鶏達は歩き回っています。
茶畑の茶葉や、野草もついばんで、とにかく沢山運動して育っているため、非常にあっさりとした風味のたまごになっています。
クセが無いため、だしまきたまご以外の和食では、ダシの香りを活かしたお料理に、ケーキや洋食でも非常に繊細なメニューに向いています。

茶畑の間を元気に動き回っています。

草むらでひなたぼっこ中の鶏達

大自然の中の飼育環境

400羽のみ完全放し飼い飼育

400羽の鶏達は茶畑と柚子畑の間での完全放し飼い飼育されています。えさは11種のこだわり飼料を自家配合されたもの、飲水は農場内の湧き水(専用場あり)を与えています。
生産者の香川さんご夫婦は「エサは全部自分で配合します。」との事、まるで自分の子供の様に、愛情を込めて鶏を育てられています。

生産者の香川さんご夫婦

生産者の香川さんご夫婦

味へのこだわり

昔ながらの素朴な風味

小麦や大豆、穀物を中心とした自家配合の飼料のため黄身の色は淡いレモンイエロー、たまご本来のほのかな甘味と元気な栄養が特徴です。
過去の、自家飼育の卵の味と近いため、年配のお客様にも好評です。
あっさりとした風味が、他食材の風味を引き立てます。

広々とした柚の木畑の中でのびのび運動。

No.011 木屋平高原放し飼いたまご

No.011木屋平高原放し飼いたまご

エッグデータ

サイズ:中 テイスト:あっさりめ

生産農家
中川養鶏場

オンラインショップ

たまごレシピ

「ロールケーキ」

  • スイーツ専用卵・・・4個
  • 砂糖・・・80g
  • バニラエッセンス・・・少々
  • 薄力粉・・・60g
  • 生クリーム・・・150g
  • 砂糖・・・10g

下準備
鉄板にオーブンシートを敷く。粉類を均等に合わせ2回ふるいにかける。オーブンを180℃にあたためておく。湯せんのお湯を準備しておく。

  1. 卵を割りほぐし砂糖を少しずつ加えすり混ぜ、湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てます。高速で泡立てながら卵液が人肌くらいの温かさになったら湯銭から外しバニラエッセンスを加え、生地が白っぽくもったりとするまで泡立てます。卵液がゆっくりリボン状に落ちて跡が残るようになったらOKです。
  2. ふるった薄力粉を、さらにふるいながら2回に分けて加えます。ゴムベラを使って底からすくい上げるような感じで、練らないよう混ぜます。
  3. 敷き紙を敷いた天板に生地を流し入れ、平らにならします。天板の底を手でトントンと叩き軽く気泡を抜きます。
  4. 180℃のオーブンで10〜12分焼きます。 焼きあがったら鉄板をテーブルに叩きつけ生地の中の熱を逃がします。あら熱が取れたら天板を重ねて生地乾燥を防ぎながら冷まします。
  5. 生地が冷めたら、天板から取り出し敷き紙をはがします。
  6. 生クリームに砂糖を入れて軽く角が立つ程度に泡立て、生地に生クリームを広げます。手前は厚めに奥は薄く。隅まできっちりと。
  7. 紙の手前を持ち、やや押さえ気味に小さく巻いて生地を折り込む。その後はオーブンペーパーを使って、生地をいためない様にやさしくすべらせる様に巻いていきます。 巻き終わりを下にして、紙に包んだまま冷蔵庫で1時間ほど休ませたら完成です。

ページトップへ