勉強会の最近のブログ記事

Jun
06
2013
hukusimamasanobu_tokusimakeiei2013_teisei.jpgのサムネール画像

こんにちは!たまごのソムリエ・小林ゴールドエッグの小林です。

自分には珍しく、二回続けて卵以外の話を。

昨日、私が実行委員長を拝命しておりました、徳島経営研究会特別セミナー・福島正伸さんの講演会「仕事が夢と感動で溢れる人生づくり」がありました。

hukusima_kouen_kaijou.jpg

市立文化センター三階席までいっぱいの方にお越しいただきまして、本当にうれしく思っております。 ご参加くださいました方、本当にありがとうございます。

hukusima_kaijou3.jpg

私自身は、舞台ソデと玄関受付を行き来しながら、ワクワクお話を聴かせて頂いておりました。(^^)

会場は笑いの絶えない盛り上がりで、時には多くの人が涙する、濃い内容の2時間でした。

 

◆福島正伸さんのお話
 特に印象に残ったのは、「他人に期待すると不満になる」というお話。

なぜなら、「あれやってほしい!これしてほしい!」と願っても、他人は思い通りにならないから。

それよりも「自分に期待」するんですね。そうすると、不満が“出番”になる。

例えば、あなたがある会社で働いていたとして、

「この会社どうなるんやろ・・・?」と思いながら仕事しているとそのウチに思い通りにならない事が出てきて“不満”になってしまうんですね。イライラになっちゃう。

でも「この会社を自分はどうしたいのか?」と考えながら仕事すると、これはワクワクになるんですねー。

「問題そのものが問題じゃなくて、かかわり方が問題なんです。」

そうもおっしゃっておられました。

自分がワクワクの源!福島さんの著書で学んだこと、あらためて気づかされました。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

hukusimamasanobu_tokusimakeiei2013_teisei.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ、小林ゴールドエッグのこばやしです。

私が学ばせてもらっている勉強会で、こんど福島正伸さんをお呼びしての講演会を行うんですね。

私が実行委員長を拝命しております!(^^)

donnnashigoto_hukusima2.jpg

この福島さん、沢山の著書を書いていらっしゃるのですが、読むと本当に感動します。

例えばテーブルを拭く、その動作だって、単なる作業じゃなく、考え方ひとつでとっても楽しくて夢いっぱいの楽しい仕事に変わるんですねー。

右の本は、わたくしの人生のバイブルです。

本の内容から、「人であふれた駐車場」という一エピソードが下のように動画になっているのですが、これもものすごく心動かされます。 自分の仕事を頑張るエネルギーがわいてきます。

ウチのスタッフにぜひとも聴かせたかった、

以前からぜひ徳島に来てほしかった福島さんのお話を、もうすぐ徳島(四国中から申し込みをいただいておりますが)の方に聴いていただけますこと、ホント楽しみです。

ご興味ある方は、ぜひご参加くださいませ!(^^)

 

徳島経営研究会特別セミナー

講演 (株)アントレプレナー 福島正伸氏

演題 : 「仕事が夢と感動で溢れる人生づくり」

日時 : 2013年6月6日(木) 18:30ー20:50(開場17:30)

場所 : 徳島市文化センター1F大ホール(徳島市徳島町城内1番地)

 

参加費 : 2000円

参加申し込み先 : TEL 088-662-1137(サカクリーニング内)

もしくはこちらまでメールを!⇒ k-goldegg@shirt.ocn.ne.jp

facebookにての参加お申込 :https://www.facebook.com/events/581650688521557/

Mar
03
2010

fasiriteshon_akano_doyukai.jpg以前受講したファシリテーション勉強会、第二回セミナーに行ってきました。

ファシリテーションとは、平たく言うと「会議を活性化する手法」の事です。講師は前回と同じ、赤野さん。

実習もやってみましたが、ちょっとしたクセや言い回しを含めて、なるほど活性化を妨げる行動を、自分がとっている事に気づきました。

やっぱり社員さんにワクワク元気に意見を出してもらいたいですもんね。(^^)

今週末より、新入社員のHさんが出社します。また新しい体制になって、どんどんアイデアを出てくる組織にします!

(関連)社長日記:ファシリテーション勉強会

私が学んでいる中小企業家同友会にて先日、福岡飯塚市にある「卵の庄」代表の畠中さんにご講演頂きました。

タイトルは「筑前飯塚宿 たまご処 卵の庄」さんに学ぶ !
ネットは究極の対面販売!!
-弱点を長所に変えるネット販売の秘訣 教えます-

hatanaka_rannnoshou1.jpg

自社の強みをどう活かしていくのか?

これは永遠の命題です。

少なくとも自分が感じるのは、自社の強みを把握して活かす努力をすると、自分も社員さんもワクワクできるという事です。

畠中社長の会社は、昔から鶏の雛(ひな)を育てる事が本業でした。

なので、養鶏を始めるにあたっては、沢山の制約の中でスタートしなくてはならなかったそうです。

「お客様である養鶏家さんと卵の売り先が競合しない事」 「お客さま(養鶏家)より卵を安く売らないこと」などの制約が、自社直売やネット販売という土壌を育てるキッカケになったと、畠中社長はおっしゃいます。

逆境をプラスに変える。

これは、とても勇気の出るお話ですね。

ネットで月商一億円以上を売り上げる「こだわり安眠館」高橋社長も、「創業時に地域後発であったことから、逆に新しいことにチャレンジし続ける社風になった。」とおっしゃっておられます。

現状を肯定的にとらえ、活路を見出して行く強さは、今のような不況のときこそ必要なんでしょうね。

「ネットでは、小さい会社ほど有利です。なぜなら知名度が低い分、『自分の会社はどんな会社か』をきちんと説明しきれているから。」畠中社長はこうもおっしゃっています。

商材ではなくて、どんな「価値」を売っているのか、改めて意識させられました。

畠中さま、本当にありがとうございます!

 

 

daruma_hukuoka.jpg

福岡へ行っておりました。

写真は当地での有名ラーメン店「だるま」さん。真ん中にいるのは友人社長。

 

さて現地では、卵の庄さんというこだわりの卵をおつくりになられている農場にお邪魔しました。

代表者の畠中さんはe-コマース販売の草分けとして全国に発信されており、「食の生産者」としての視点からの熱い想いもうかがう事ができ、大いに元気を頂きました。(^^)

12月17日(木)に、徳島県中小企業家同友会にてお呼びし、ネット販売の観点から、いろんなお話を伺う予定です。

「いかに自分がワクワク楽しめるかが大事。」とおっしゃる畠中さんのお話、

ご興味ありましたら、どなたでもご参加いただけます。

詳細・お申込みは下記リンクまで。

http://e.doyu.jp/tokushima/7days/event/detail.cfm?SeminarID=176829

Aug
08
2009

takoman_okashi2.jpg先日お伝えしました、静岡県 株式会社たこ満の平松社長をお招きしての講演がありました。

takoman_1_20090827.jpg takoman_2_20090827.jpg

 

予想人数を大幅に超えてのたくさんの方にご参加いただき、皆さんと一緒に大いに学ぶことができました。(^^)

 地元の素材を使った和洋菓子を提供し、「県民に支持されるお店ランキング」で「接客サービスが良い」として最上位に選ばれるなど、静岡県で地域に根差した繁盛店17店舗を経営される平松さん。

たくさんの学びと気づきがあったのですが、印象的だった言葉を一つだけご紹介します。

(平松社長)

『「たこ満」でなく、「たこ満さん」と呼ばれる会社になりたい。

社員さんは会社が大きくなることを望んでいないんです。

そうではなく、家族的に身近にあってお客様から親しみを持ってもらえる存在、私服でいるときでも気軽に声をかけてもらえる存在にになること。

そしてお客様から喜びの声をいただけることが社員さんの誇りになるんです。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日でも食べていただけるお菓子、「まいど商品」の大切さを語る平松さん。

どれだけお客様に身近な存在になれるかが、社員さん自身にとっても地域のお客様にとっても大切なんですね。

「我々は普通のものを作っているだけです。」そうおっしゃるお言葉が、とても印象的でした。

本田宗一郎さんがかつて、

「自動車が50年で真に進化したところは?」との質問に対して

『50年前はドライバーは機関士や操縦士と同じく「運転士」と呼ばれていた。50年たった今は「運転手」 と呼ばれている。運転士から運転手になったこと、すなわち誰でも運転できる身近な存在になったことが車のいちばんの進化だ。』

こうおっしゃっておられます。

上記の平松社長の言葉に通じるものがあるのではないでしょうか?

食卓に身近な存在である卵。私たちもお客様にいつも「さん」づけの身近な存在

になるように、頑張ります。(^^)

参照 : 活字中毒R。
関連 : 株式会社たこ満HP 

 

ちょっと宣伝です。今週、私が参加する勉強会にて、ある社長さんにお話を頂きます。

それは、静岡県小笠町にて和菓子・洋菓子の製造小売業を営む、「(株)たこ満」の代表取締役、平松さん。 

上記は、その演題、そしてたこ満さんの経営理念です。

心にひびく、いい言葉ですね。

平松さんは、身土不二(しんどふじ・その土地で取れたものをその食材の取れる時期に食べる)の考えのもと静岡県の素材を活かし、また地域のお客様に「サービスの良さ」でも非常に高い支持を受けておられます。
顧客への感動的接客サービスと社員双方の満足度を高める経営革新。

多くの学びと気づきを頂けそうで、とっても楽しみです!(^^)

お近くの方、もしご興味あれば、ぜひご一緒に。

 

日時 : 8月27日(木)
18:30ー20:50
場所 : アスティとくしま 第一特別会議室
講師 : 平松季哲(ひらまつ ひでのり)さん
(株式会社たこ満 代表取締役)
内容 : 「ひとりのお客様の満足と、ひとりの社員の幸せ」

会費 : 2000円

☆申込 : 徳島経営研究会事務局

  TEL:090-4269-   TEL 088-623-3550
e-mail: k-goldegg@shirt.ocn.ne.j

 

関連:_株式会社たこ満 HP 

<<1 2

料理別たまご online shop
焦し香味たまご

アーカイブ