金貨より卵【たまご鶏のことわざ その46】

カテゴリ: たまご・鶏のことわざ

kotowazaegg201702_2.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

たまごのことわざシリーズ第46弾です。今回は欧州から。

<寝ころんで働かぬ金貨よりも、卵を産むメンドリのほうがよい(Better a Laying hen than a lying crown.)

勤勉じゃないといけないですよ。という意味ですね。

コツコツでも、少しずつでも、

価値を産みだし続ける事の方が大切、

たとえ金貨のように素晴らしい資質があったとしても、寝転がっているだけではダメ。

ということです。

ちなみにこのことわざの「クラウン(crown)」は“金貨”の意味ですが、

“王冠”という意味もあります。

もしかすると、寝転がってばかりの“王様”批判との、

ダブルミーニングなのかもしれません。

また「卵」は生命の象徴としてキリスト教とも密接につながっています。

金貨をクラウンと呼ぶのは北欧地域が主なのですが、

勤労を貴ぶプロテスタント派が多い地域でもあります。

うがった見方をするならば、

サボってばかりの王様よりも、

勤労するキリスト教徒(プロテスタント)がよほど立派だ。

そんな暗喩もあるのかもしれません。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

Posted by cgegg | コメント(0)

コメントする

料理別たまご online shop
焦し香味たまご

アーカイブ