トップページ > 取り扱い商品一覧 > めだま焼き専用たまご

めだま焼き専用たまご

健康たまごだから黄身のうま味がしっかり

徳島の大地の恵みをたっぷりと受けた、地場元気鶏のたまごです。
日齢300日程度までの比較的若い鶏の卵を厳選いたしました。やや小ぶりで黄身の張りと旨味が特徴です。

形状へのこだわり

効率よく熱が伝わる形状

日本人の多くは、サニーサイドアップ(半面だけ焼く手法)の目玉焼きを好みます。また、黄身が半熟となる目玉焼きにも根強いニーズがあります。
しかし、黄身の方が熱による凝固点が低い(約60℃白身は約70℃)ため、白身又は黄身表面のみに効率よく熱が伝わる形状が望ましいと考えます。
試食試験を繰り返した結果、
(1) 黄身の盛り上がりが非常に高い(球形に近い) (2) 濃厚卵白の盛り上がりが強い事 以上の二点が重要という事がわかりました。
これに対する重要管理点としては、産卵後の鮮度及び経時期間、そして卵のサイズです。大きさについては、52g~58g(MSサイズ)のみに厳選しております。

親鶏の年齢、健康へのこだわり

黄身のうま味がしっかりした健康卵

上記にそって数十種の卵を調べた結果、黄身の旨味がしっかりとした健康な卵が必要であり、これに合う条件として、 ・自然に近い開放鶏舎で小ロット育成管理を行っている養鶏場
・張りのある日齢300日程度までの若い鶏の卵である事
以上の二点を特徴として、重点管理を行っております。

No.002 めだま焼き専用たまご

No.002めだま焼き専用たまご

たまごレシピ

「めだまやき」

  • めだまやき専用だまご・・・1個
    (卵はあらかじめ室温においておく)
  • サラダ油・・・小さじ1程度
  • お好みのお醤油・・・適量
  1. フライパンを熱してサラダ油を入れます。中火〜弱火にして油を広げます。
  2. フライパンに黄身を割らないように静かに卵を割り入れます。
  3. 白身が半熟になったら少量の水を注いで蓋をし、弱火で30秒蒸し焼きにします。
  4. 堅めが好きな方は火を止め蓋をしたまま蒸らしてください。

ページトップへ