業種別ご提案

期待値を上回ると繁盛する!?

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

ツイッターなどで酷評されているマックの「ビッグブレックファスト」をようやく食べてみる機会がありました。

「ガッカリ感すごい」「広告詐欺だ」

なんて感想が多いみたいですが、なるほど実感する部分もありました。

ただ、これは「戦術的なミス」が原因じゃないかと思うんですよね。ちょっと注文時にどんなカンジなのかを見てみますと、

bigbreakfast201404 (2).jpg

こんな風に、カバーがかかってるんですね。で、フタを取ると、

bigbreakfast201404 (1).jpg

こうなってるわけです。 ハハハ、なんだこりゃ。

…って思ってもしょうがないと思います。

ようするに、フタにまでステキに美味しそうなシズル写真を付けて「期待値を上げすぎた」ことが、不評の原因じゃないかと思うんですね。 広告やメニューの写真と、注文した時のものがチョットチガウ、なんてのは今までもあったかと思います。 まぁ、照明からなにから計算してカメラマンが撮ったものと、おんなじそのままの商品が出てくるなんてのは期待するのが野暮なのかもしれませんが・・・。(--;)

でも、「これ美味しそう!」ってんで注文しちゃったら、そのあとメニュー表やカウンター越しの写真と、じっさいの料理を見比べたりは普通しないですよねェ。

ナゼこの「ビッグブレックファスト」だけ「詐欺だ!」酷評されるのかというと、この、食べる直前(フタを開ける)まで「理想の状態」をイメージさせちゃったからなんですよ。なのでよけいにガッカリさせられる・・・・・・。

◆期待値をチョットだけ上回る事のすごさ
ある飲食店のオーナーさんに教えて頂いたのですが、「飲食店は高級だろうが安かろうが、“期待値”をちょっとでも上回ったら必ず繁盛する。」んだそうです。

つまり、「この店構えだったら、3000円でこれくらいの料理かな?」という期待を超えて、「このボリュームで3000円だったら安いよね。5000円くらいしそう。」と、思ってもらえれば勝ちってことです。

費用をかけずに出店した低価格ラーメン店だっておんなじです。店構えを見て、お客さんは勝手に期待値を下げて注文してくれます。「思っていたよりも美味しい!」となれば、やはりお客さんが付くってことですね。 繁盛していた老舗の定食屋さんで、キレイでオシャレな店に改装して、客足がガクッと減ってしまった所も知っています。きっとマクドナルドも上のフタの写真を無くす、とかイラストにする、とか変えるだけで、評価もずいぶん変わったのではないでしょうか。

自分の店に、お客さまが何を期待してくるのか・・・?もしかすると、お店のPRを少し下げてみる、事前の期待値を減らしてみる「逆演出」の工夫で、お客さまの満足度が上がっちゃうかもしれませんね。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

 

※※たまごでお店のワクワク繁盛お手伝い※※・・・・・・たまごのソムリエ業務用応援チームまで→ info@cgegg.co.jp (tel:088-642-6711)

【今週の一言】 ゴールデンウィークも過ぎて、徳島は良い天気が続いています。 風がきもちいいー!♪