たまごと偉人有名人のエピソードの最近のブログ記事

simon_oyakodon201709.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

たまごと偉人のエピソード第17弾です。

今回は永遠の大スター、ポールサイモンさん。

僕たちより上の世代では、

「サイモン&ガーファンクル」

としても有名な米国の歌手です。

ボクも大ッ好きな方で、史上最多13ものグラミー賞を受賞、タイム誌「世界で最も影響力のある100人」にミュージシャンとして唯一選ばれる(2006年)くらいのスゴイ方。

彼の代表曲に

「母と子の再会(Mother and Child Reunion)」

という歌があるのですが(※日本でのリリース時には「母と子の絆」と訳されています)、

この歌にちょっと興味深いエピソードがあります。

NYチャイナタウン

ある日、サイモンさんは中華料理店に入り昼食を摂りました。

さて、何を食べようか…

と開いたメニューから目に入ってきたのが

「母と子の再会」

という料理でした。

これを見た瞬間サイモン氏は強いインスピレーションを得たと、後々語っています。

料理から名曲ができる…なかなかステキなお話です。

この、

「母と子の再会」なる料理。

コレ日本で言う「親子丼」のことなんですね。

つまり、鶏肉と卵の料理。

“親子”

すなわち“母と子”が「ふたたび」出会って、

美味しい料理になっている。

その事にサイモンさんは衝撃を受けたわけです。

「それってあんまりカワイソウじゃん・・・!」

と思ったのか、「ステキな再会・・・!」と思ったのかは分かりませんが、

歌詞の

『こんな奇妙で悲しみに沈んだ日なのに、母と子は再会した』

…というフレーズを見る限り、どうやら「食べられる直前の短い再会」、という“皮肉な運命”に対しての悲しみのある驚きだったようです^^;

卵消費量世界第3位の国・日本に住む私としては、

「そんなに驚く組み合わせかなぁ・・・?」

と思わないでも無いですが、

実は

サイモンさんにとって、

「卵と鶏肉」の組み合わせは

「食べようと考えてはいけないメニュー」だったかもしれないんです。

 

◆ユダヤ教では親子丼は超NG!
ポール・サイモンさんはユダヤ系アメリカ人。

そして、

ユダヤ人にとって「親子丼」はタブー料理なんです。

ユダヤ教の戒律には

「子ヤギの肉を、その母の乳で煮てはならない」

と記されています。

お母さんと子供を一緒に料理するなんてかわいそう!ダメダメ!

…という考えのようです。

同じ理屈で、

チーズバーガーもアウト。牛肉と乳製品ですから。

クリームシチューにお肉を入れると、これもアウトです。

鮭イクラ丼なんてのも、もちろんダメ。

イスラエルでは「胃の中で一緒になるとダメだから。」という理由で、肉料理のコースではデザートにアイスクリームなど乳製品を用いない、なんてレストランも少なくないのだとか。

うーん、厳しい!

もしかすると、サイモンさんは幼少から、あまり親子丼の食材組み合わせに触れてこなかったのかもしれませんね。

そして、サイモンさんは親子丼との衝撃的出会いの少し前に、長年連れ添った愛犬ペギーを亡くしています。

「身近に起こった愛する者の、初めての死だったんだ。その喪失感と“母子の再会”料理の衝撃が繋がって、この曲ができたんだ。」

との事で、色々な出会いと別れ、死生観がこの名曲を形作ったんですね。そう思ってこの歌詞を聞いてみると、なかなか興味深いです。 良い曲ですので、ぜひちょっと聞いてみてください↓

 

◆革新し続けることの素晴らしさ・・・!
ポール・サイモンさんの初アルバムリリースは1965年最新アルバムは去年。なんと50年以上に渡り、自分の築いたスタイルを崩しレゲエやエレクトロミュージック・アフリカ民族音楽など、様々な音楽を次々取り入れ新境地を開拓し続けているんですね。

親子丼の歴史は、およそ百年。

伝統ありながら、こちらも生たまごの黄身を添えたり、ふんわり泡立てたり、まだまだ新技法とレシピが考案され続けています。

僕達も、いろんな出会いやご縁を活かし、よい食づくりに励まないといけませんねー。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:海外ではタブー!?親子丼の謎 - たまごのソムリエ面白コラム

(関連:親子丼が美味しくなるちょっとしたコツ! たまごのソムリエ面白コラム

(関連:たまごと偉人のエピソード 一覧

butei201708_0.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

夏限定!たまご・鶏さんのちょっと怖い伝説、第5弾です。

今昔物語9巻に載っているお話。

中国の昔、

北周という国の第3代皇帝、武帝という方がおりました。

この方、とっても鶏卵が大好きで、毎食大量のたまごを食べていました。

さて、武帝が死んだのち、

彼は卵を食べた“殺生”の咎で地獄へ落ち、

責めを受けました。

『極卒の牛頭が鉄の床に伏せた武帝を両側からギュウギュウ押す。

すると武帝の両脇が裂けそこから血の代わりにたくさんの「たまご」が出て来て武帝の体のそばに積み重なった。』

のだそうです。

うーん、これは怖い…!

…のかなぁ…!?

まぁちょっとシュールな光景であることは確かですね。

これは「今まで食べてきたたまごが体から押し出される」、という責め苦でしょうか?

私は卵屋ですから、毎日たまごをたくさん食べ続けているんですよね。

うーむ。

地獄で責められたら沢山出そうだなぁ。

というのが正直な感想です。

息子はカマンベールチーズが大好物なんですが、死んだらチーズが出るのかな…^^;

◆仏教からの復讐…!?
さて、以前も書きましたが、そもそも仏教では「たまごを食べる」ことは殺生として禁じられていたんですね。

日本でも、平安時代に書かれた仏教伝来のための書「日本霊異記」や鎌倉時代のエピソード集「沙石集」で、卵や魚を食べてバチがあたる人の逸話が書かれています。

(関連:【納涼】たまご・にわとりの怖い伝説 その2 - たまごのソムリエコラム

(関連:【納涼】たまご・にわとりのちょっと怖い伝説 その1 - たまごのソムリエコラム

じっさい、日本では仏教伝来後の平安時代から、欧州文化が入ってくる1600年代まで、800年近くのあいだ、卵を食べる文化がピタッと無くなっちゃっていました。

そして、この武帝さん、仏教的にはめっちゃ恨みを買っている方でもあります。

じつは、中国に仏教が伝来してから、国家権力を大動員して仏教迫害をした4人の皇帝の一人なんですね。

文武百官を集め「道教・仏教・儒教」3教の優劣を論じさせ、仏教と道教を廃止させた、という『宗教生き残りバトル(?)』をやったエピソードが有名です(周武の法難・574年)

butei201708.jpg

「武帝さんが地獄に落ちて責め苦を受ける」というお話は、後の仏教徒が「あのヤロウめ!」…という感覚でもって語り継いだんじゃないかと思います。

してみると上の「たまご伝説」は、

「卵を食べたから罰せられた。」じゃなくって、

「武帝さんが罰せられることありき」で卵がその恰好の理由に選ばれたようにも感じますねー。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:たまご・鶏の怖い伝説コラム一覧-たまごのソムリエ面白コラム)

tamagojo_1_201706.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

卵と偉人のエピソード第15弾です。

今回は古代ローマの詩人ウェルギリウスさん。

 

◆港町ナポリの「卵城」
下の写真は、イタリア・ナポリにある「卵城(Castel dell'Ovo)」と呼ばれるお城。

tamagojou201706.jpg

けっこう大きな城塞です。

サンタルチアの港に築かれたもので、

もともとはローマ帝国軍人ルキウスが建築した建屋を11世紀に改修し、

今の城塞になったのだそうです。

なぜ「卵城」かというと、

古代ローマ時代から中世にいたる、ある伝説がきっかけなのです…。

 

◆「このたまごが割れるときは…」
古代ローマの詩人、ウェルギリウスさん。

tamagojo_2.jpg

この方はラテン文学の第一人者でして、

ヨーロッパ文学史上、最も重要な人物」と言われるスゴイ人。

ギリシャ神話について書いた叙事詩「アエネーイス」が特に有名です。

例えるのもヘンですが、

全ヨーロッパ規模の紫式部

みたいなカンジでしょうか。

さて、このウェルギリウスさん。

どういうわけか、死後千年経った中世時代になって、地元ナポリを中心に

「詩人ウェルギリウスは偉大な魔術師だった。」

という伝説ができたんですね。

書物のかぎりでは12世紀ごろに語られ始めたようですが、

『彼は魔術師だった父母の教えを受け継いだ大魔術師で、

彼が作った青銅像は弓を引きヴェズビオ火山の噴火を鎮め、

彼の魔力で

ナポリと隣市をつなぐ「ピエディグロッタの洞窟」を掘り、

城壁を築き

温泉を掘り当て

町から害虫を追い払い

毒蛇を捕まえる「鉄の檻」を作り

腐らない肉を開発し

果物を豊作にする東風を呼び

あらゆる病気を治す薬草の栽培を手掛けた』

こんな風に語られていたそうで、

とにかく超スンゴイ、スーパーマンだ!ということになったんですね。

さて、その“大魔術師”さんが

ナポリのお城づくりにかかわったときのことです。

城塞のどこか、

城の基礎深くに「秘密の小部屋」を作り

鉄のカゴに納められた「卵」を隠し、

「この卵が割れるとき、城だけでなくナポリ全土に壊滅的な危機が訪れるであろう」という呪いをかけた……

これが卵城の伝説です。

(ちなみにその「卵」は、鶏が初めて産んだ「初産みたまご」だとか。)

このことから、「たまご城」の名前がついたわけですね。

いやー、こんなスゴイ人がこんな事言っちゃったら、

そりゃ怖いですよね。

まぁ、城の基礎に埋められている卵が割れるほどの事態なら、地震だろうが戦争だろうが町中とんでもないことになるのは当たりまえ、「そりゃそうじゃないかなぁ…。」という気がしないでもないですが…^^;

この卵城伝説、

かなりの人によって長い間信じられていまして、

14世紀には城のアーチの一部が崩れたことから住民達が

「たまごが割れたんじゃないか!!?」

…と大パニックを起こしたため、

当時の城主・ジョヴァンナ1世女王が

「“卵”を確認したけど大丈夫だったわよ。(汗)」

と宣言する事態になっています。

伝説はいろいろな書物によってヨーロッパ中に広まり、

更に700年後の19世紀になってもしっかり残っていたようで、

19世紀後半の有名女流作家セラーオさんが、

「魔術師ウェルギリウス」

について当時広まっていた伝説を、著書に細かく書き記しています。

 

◆じつは卵の呪いをかけたのはノルマン人?
実際は、その地を征服したノルマン人が城を改築した際にそのおまじないをかけたとも言われており、現在のガイドブックには「ノルマン人が…」と書かれていることも多いようです。

どうしてウェルギリウスさんになったのかを考えると、

「ノルマン人が“町の模型”を作って地下封印した。それが壊れた時に災害が…」

という伝承が、ノルマン人の古い伝説としてありました。

その一方、古代ローマでは、卵が「物事のはじまり」を意味しました(参照)。

何かを始める際に縁起をかつぎ「卵をささげる」という風習があったのです。

日本の「地鎮祭」のように、

「築城の開始にゲン担ぎとして卵を奉納した。」というウェルギリウスさんのエピソードと、征服者ノルマン人の伝説が、混ざっちゃったのかもしれません。

彼の著作『アエネーイス』は、

ギリシャ神話の神様・英雄が戦う「トロヤ戦争」の後日譚であり、ローマの建国神話として、神さまの勇気や悩み、恋をイマジネーション豊かに生き生きと描いています。

「ラテン文学の最高傑作。その影響を受けていないラテン文学は存在しない。」と言われるほどの作品で、後世の戯曲や絵画・彫刻、さらにはファンタジーやSF小説、映画や宗教観に占いなど、あらゆる文化に大きな影響を与えています。

shinwa_tamagojo201706.jpg
ただ…、まさか死後千年以上も経って、まったく違うイマジネーション、

「魔法使い伝説」の主人公として自分が語られるとは、

夢にも思わなかったでしょうねェ…

ウェルギリウスさんからすると、

「エッ!?オレそんなことしたっけ!?」

なんて言いたいところかもしれませんね。

なんにせよ、

今でも卵城がちゃんと崩れずにありますから、

千年の間、城と町を守った卵が

人知れず城のどこかに眠っているかもしれません……。

ロマンですねェ。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:たまごのチョット怖い伝説【取り替え子】 - たまごのソムリエ面白コラム

(関連:昇天日のたまごは胃と頭と耳を治す - たまごのソムリエ面白コラム

(関連:たまごで固めて造られた城がスゴイ - たまごのソムリエ面白コラム

ijin201702_1.jpg

こんにち!たまごのソムリエ・こばやしです。

偉人とたまごのエピソード、
本日は

偉人とたまご鶏のエピソード14弾、本日は米国30代大統領カルビン・クーリッジさん。1923年に当選ののち、「ラジオ演説を初めて行った大統領」としても有名です。

また市場を完全自由に任せることで、

「狂騒の20年代」

と言われる米国のすんごい経済成長をつくりあげた敏腕大統領でもあります。

さて、このクーリッジ大統領には、こんな小話があります。

----------------------------

ある日、クーリッジ夫人が養鶏場に視察に訪れました。

放し飼い農場だったため

雄鶏と雌鶏が盛んにつがっているのを見て、

夫人は言いました。

「いったい一日に何回交尾するの?」

担当者は

「毎日何十回もです。」

と答えました。

それを聴いたクーリッジ夫人、

「そのことを主人に伝えてあげて。」

と言い捨てて帰りました。

IMG_6120.jpgさて、しばらくしてその農場

クーリッジ大統領が視察に来た際、

担当者は夫人の言ったことを伝えました。

それを聞いた大統領、

「雄鶏は、毎回同じ雌鶏とつがうのかい?」

と聞き返しました。

「いえ、毎回ちがう雌鶏とです。」

「なるほど。ぜひその話を妻にしてやってくれ。」

----------------------------

うーん、ちょっとエッチなエピソードですねェ。

クーリッジ大統領は非常に雄弁な演説家として有名でしたが、

私生活ではとっても無口な人だったそうで、

「サイレント・カル(無口なカル)」

なんてあだ名がついていたくらい。

愛情表現をしないダンナにすこし怒りが溜まっていたのかもしれません^^;

さて、このエピソードには続きがあります。

この「小話」を名づけのもとにして

フランク・A・ビーチ博士という方が、

「クーリッジ効果」

という心理学生物学効果を発表しているんです。

どんな効果かというと、

『哺乳類のオスは、相手が変わるとずっと興奮し続ける』

という、

なんというか「浮気心のデータ化」というか

身もフタもない心理的行動的効果です。

うーん。

奥さまにチクリと皮肉を言われてしまった名演説家の大統領は、

お返しに皮肉りかえしたことで

半永久的に残る学術用語に名前が使われることになっちゃったんですねェ。

しかもこんな性的なネタ・・・。

「食事会で3単語しゃべったのを見たことがない。」

といわれるくらいの無口さだったそうですから、

ホントもう「一生に一度魔がさした」くらいの冗談切り返しだったのかもしれません。

なかなかお気の毒です(笑)

さて、

このクーリッジさん、

大統領就任時には

排日移民法という日本人移民排除政策に最後まで反対し、

でも議会に押し切られる形で法案に署名をしています。

いまトランプ大統領の移民に対する政策や暴言が大きく話題となっていますが、

こちらも笑ってすまされるていどの結果ですめば・・・

良いのですがねェ・・・・・・^^;

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:オバマ大統領と夫人、お祭りで「卵使いすぎ!」と愛護団体に非難される - たまごのソムリエ面白コラム

(関連:ホワイトハウスでは限定たまごが売られている【たまごの伝統行事】 - たまごのソムリエ面白コラム

ijin_Rossi_egg201701.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

偉人とたまごのエピソード、

本日はベートーベンが嫉妬した才能、音楽家で美食家ロッシーニさん

この方、自由奔放モーツァルトさんとはまた違うベクトルで好き勝手生きた、

ちょっとうらやましい方です。

イタリア生まれ。

代表作は、

超有名オペラ『ウィリアム・テル』そして『セビリアの理髪師』

現代でも良く聴く機会がある人気作品です。

ショパンさんやベートーベンさんと同時期に活躍された方なのですが、

当時は彼らを上回る人気ぶりだったのだとか。

経歴がなかなか面白くて、

18歳から作曲を始め、わずか数年でヒット作品を連発

24歳で名作『セビリアの理髪師』を書きヨーロッパ中に名前をとどろかせ、

37歳で不動の名作『ウィリアム・テル』を書き大ヒット、

それを最後に、オペラの作曲を辞めちゃいます。

で、

44歳でなんと作曲自体をスッパリ引退

フィレンツェでレストランのオーナーとなって

悠々自適のノンビリ生活を死ぬまで送ったんですね。

ロッシーニさんはとにかく食べるのが大っ好きだったそうで、

美味しくって好きなものを食べ続けた、

晩年まで美食三昧の毎日だったとか。

しかもモーツァルトさんのように早死にしたわけじゃなく、

享年は76歳、

当時としてはかなり長生きしたんですねー。

うーん、食いしん坊の私としては、とてもとてもうらやましい!

 

◆絶品!ロッシーニ風オムレツ
さて、美食家でレストランオーナーですから、

ロッシーニさんはいくつものレシピを考案しました。

フランス料理に「ロッシーニ風」と呼ばれるものがありまして、

代表的なのは「ロッシーニ風オムレツ」

トリュフフォアグラをふんだんに使ったオムレツのレシピです。

rossi_egg201701_1.jpg

他にも「ロッシーニ風ステーキ」など、

この2つの贅沢食材をたっぷりつかった料理をいくつも考案しています。

特にたまごメニューはたくさんありまして、

ロッシーニ風目玉焼きロッシーニ風スクランブルエッグなどなど、

どれも絶品です。

rossi_egg201701_2.jpg

トリュフとフォアグラっていうと、

キャビアと合わせ「世界三大珍味」と呼ばれる高級食材の内の2つですよ!

まさに「ザ・美食」というカンジですねェ。

※ちなみにトリュフはたまご料理とめちゃくちゃ相性が良くって、

その香りを利用した技法がいくつもあります。

オムレツは家庭料理としても美味しいですが、

こんな贅沢高級オムレツだったら、

やっぱり有名レストラン一流シェフのスゴ腕で堪能したいですね!

 

ちょっぴり太めだけど男前でモテモテ、

音楽家で美食家、

話も面白く料理の腕前も一流

そんなロッシーニさんの作品は、

当時のオペラ作家としては珍しく、

悲劇作品の少ない明るいものばかりなのだそうです。

きっと陽気な人だったんでしょうねー。

ドイツの有名音楽家ワーグナーさんは若いころから

「ロッシーニみたいになりたい!」

と彼を目標にして頑張ったそうですが、

その気持ち、なんとなくわかりますね^^

あ、それと、

ロッシーニ風料理は

ご想像の通りカロリーもなかなかスゴイので、

めちゃめちゃ美味しいからといって

ロッシーニさんのマネをしてしょっちゅう食べていたら、

体形がタイヘンなことになっちゃうかもしれませんのでご注意を。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(関連:超たまご好きだったモーツアルト - たまごのソムリエ面白コラム

(関連:鉄の宰相、ビスマルクの目玉焼き愛 【ビスマルク風料理】 - たまごのソムリエ面白コラム

saigou201612.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

NHK大河ドラマ「真田丸」、クライマックスですね!

あと少しで終わってしまうのが、さみしいです。

さて偉人とたまごのエピソード第12弾、

今回は2018年度大河ドラマ「西郷どん」こと西郷隆盛です。

西郷隆盛さんは、大の犬好きでした。

とにかく犬をめちゃくちゃ大事にしたそうで、

まず食事の用意も、犬から

あるとき、食べるものが少なく困っていた西郷さん、

まず犬が元気じゃないとイカン!

と言って、

真っ先に犬にごはんをよそい、

貴重品だった卵をかけて食べさせてやったのだとか。

愛犬にたまごかけごはんを!

いやー、愛がありますねェ^^

また「西郷さん自身も卵好きだった」との説もあるようで、

司馬遼太郎著の小説「飛ぶが如く」にも、

“西郷さん自身たまごかけごはんを好み、良く食べていた”ことが書かれています。

仲良く2人(ひとり+1匹)でたまごかけごはんを楽しんだりしたのかもしれませんね^^

さて、西郷さんの犬好きには、数々の逸話が残っています。

京都の祇園には、上野の銅像・西郷さんのような草履姿で、

かならず愛犬を連れてフラッと食事をしにくるのが常だったとか。

そして、夜は決して祇園に遊びに出てこない。

「粋の中の粋を知ったお方やなあ。」と後年まで語られていたそうな。

また、ある日「西郷さんが妾を2人作ったらしい。」と噂が立ち、

「どんな美女なんだろう。」と興味津々で行ってみたら、猟犬を二匹紹介された。

なんてことも。

面白いのが、うなぎ屋さんでのエピソード。

◆やっぱり自分は後回し、西郷どん
味が美味しいので有名な鰻屋さんに、犬を連れた男がやってきた。

うな丼を注文して、一杯持ってくるたびに犬にやってしまう。

2杯、3杯と犬に食べさせる姿を見て店主は

「なんだこの野郎、鰻が腐っているわけでもないのに、失礼なヤツめ。」

と怒って、男の追加注文に

「もう売り切れだよ。」

と、断ってしまいます。

結局その男は、自分は食べられずに、ションボリと帰っていった・・・。

あとで、丼の下に大金が置いてあるのにビックリして人に聞いてみると、

なんとその男は明治維新の立役者、元陸軍大将都督の西郷さんに違いないと。

店主は恐縮しきりだったとか。

また他にも、贈り物は頑として受け入れなかった西郷さんが、

「犬の絵」だけは大喜びで受け取り、

後に家人が整理したさいに、長持ち一杯の“犬の絵”が出てきた・・・。

などなど、ホントに犬好きだったんだなぁ、というエピソードが沢山残っています。

 

◆犬に生卵はちょっと注意
ところで、犬にとっては、生たまごの“白身”が体に障ることがあるそうです。

たまにならオッケーですが、

しょっちゅう食べていると肝機能を損なったり

下痢をしてしまったりすることがあるそうです。

とはいえ私が小さい頃ウチで飼っていた愛犬は、

しょっちゅう生卵を食べていましたが結構長生きしましたし、

あまり神経質になりすぎる必要はなさそうです。

ただ、犬に卵を食べさせる際には“加熱”した方がより良いのは確かなようです。

お飼いになっておられる方は、少しご注意くださいませ。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(参照:大西郷の逸話・南方新社)

関連:日本を救った!?マッカーサーの目玉焼き - たまごのソムリエ面白コラム

関連:鉄血宰相ビスマルクの目玉焼き愛 - たまごのソムリエ面白コラム

関連:超たまご好きだったモーツアルト - たまごのソムリエ面白コラム

関連:川の水をくみ、自分でゆでたまごを茹でていたフランス王 - たまごのソムリエ面白コラム

 関連:卵じゃなく時計をゆでたニュートン - たまごのソムリエ面白コラム

関連:ライト兄弟の名スピーチと鶏さん - たまごのソムリエ面白コラム

関連:2週間で9kg減!?鉄の女・サッチャー首相のたまごダイエットレシピ- たまごのソムリエ面白コラム

Mareegg1.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

偉人とたまご鶏のエピソード、今回はナポレオンさんです。

napo201611.jpg

マレンゴ風料理、って聞いたことありますか?

マレンゴとは、イタリアの地名です。

かつて、ナポレオン・ボナパルトはフランス軍を率いオーストリア軍に打ち勝ち、

このマレンゴ村で小休止を取りました。

残念ながら戦場まで食料供給が追いつかず、

焼け落ちた農家で手に入ったのは

チキン・たまご・トマト・ニンニク・川エビ(ザリガニ)」という

限られた食材だったんですね。

ナポレオンお付きの料理人デュナンさんは、

たったこれだけの食材に工夫を凝らして、

すばらしい即興料理を作りました。

それを気に入ったナポレオンは、後にたびたび

「あのマレンゴの料理をまた食べたいぞ。」

とリクエストを出したんです。

そこから、この食材に玉ねぎなどを加えた料理が、

「マレンゴ風料理」の定番となりました。

限られた食材を使う、というルールの中、いかに美味しいものを作れるか。

いわば“料理の大喜利”ですね^^

現在にいたるまでいろんなアレンジに多くの方がチャレンジされていまして、

とても面白いです。

Mareegg2.jpg

漫画「大使閣下の料理人」(講談社)では、『フランス料理は豪華な食材を使うぜいたく料理のイメージがあるが、限られた食材からでも最大限の美味しさを引き出す知恵、これもフランス料理の神髄なんです』とマレンゴ風料理を表現しています。

なるほど、今に至るまでこの料理が引き継がれていることで、フランス料理の奥深さが良くわかりますね。

ナポレオンさんは大のたまごと鶏肉好きだったそうで、

エルバ島を脱出してパリへ戻る道中には

目玉焼きを好んで食べたというエピソードも残っています。

 

◆なにかと食べ物の逸話が多いナポレオン

さて、ボナパルトさんは、何かと料理と絡んだエピソードを持っている方です。

以前ご紹介した仏ベシエールの巨大オムレツイベントも、

ナポレオンさんが兵士をねぎらうため、

町中の卵をかき集めてオムレツをふるまった故事から続いているお祭りです。

bigom1.jpg

ちなみに皆さんが食べている『缶詰』

これを作らせたのもナポレオンなんですね。

kandume_epi.jpg

遠征する兵士の“栄養失調”が問題となったことを受けて、

巨大な懸賞金をかけて保存食のアイデアを募ったんです。(当初はコルクで栓をしたビン詰めでした)

もっとも、ナポレオンさん自身は食事に無頓着で、

戦場ではローストチキンとパン・ワインを馬に積んでおいて、

腹が減ったらサッとかじっておしまいだったとか。

たくさんあるナポレオンさん“食”のエピソードは、

けっして美食家だからというわけじゃなくて、

人心掌握の手腕がすばらしかった、ということのようです。

現代でも食事は大事なコミュニケーションのひとつ。

「上司のおごりで一杯」なんてのもそうですよね。

ナポレオンさんも、

部下と仲良くなるにはまず胃袋から、

そんな信条で接していたのかもしれませんねー。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

<<1 2 3

料理別たまご online shop
焦し香味たまご

アーカイブ