たまごのビックリ科学の最近のブログ記事

野口さん、ついに地球に帰ってきましたね。

「帰還前日も、今日起きたときも、宇宙から帰ってくるのが信じられなかった。」とのコメントを聞いて、昔読んだこんな本を思い出しました。

 宇宙でトイレにはいる法(Amazon)

この本の著者ウイリアム・R・ポーグ氏は、アメリカ初の宇宙ステーション「スカイラブ」にて84日間の当時最高滞在記録を達成した宇宙飛行士で、この本はアメリカの小学生の質問に答えた内容をまとめたものです。

この中で、「地球に帰還した宇宙飛行士が、必ずやってしまう失敗」

が挙げられていました。

それは、

「コップを落として割ってしまう」事だそうです。

宇宙にいるとつい勘違いして、手を離してしまうんですね。(^^;)

野口さんも、しばらく食事が大変かもしれません。

 

◆宇宙食としてのたまご料理
それ自体が水分を多量に含み、冷凍ができない食材、たまご。

どちらかというと、宇宙食には不向きです。

でも、そこを乗り越えて、宇宙でもたまご料理を食べたい!ってのが日本人の心意気です。

国内各社が、和食としてたまごを使った宇宙食を宇宙ステーションに提供しています。

例えば味の素が作る、「たまごスープ」。07年より宇宙日本食として認定されました。

tamago_soup_uchuu.jpg

特殊な技術で、たまごをフリーズドライしています。  市販の商品、ファンの方も多いのではないでしょうか?チューブで吸うので、具は小さめです。

他にも、キューピーの「宇宙マヨネーズ」、他に宇宙プリンなんてものもあるようです。

 

◆火星でたまごかけ御飯を食べる!?
うーん、そうは言っても加工品でしょ?

やっぱ宇宙で本物のたまごを使った、トロふわのオムレツや、あつあつ玉子焼きを食べるのは難しいんじゃない?

そんな意見もありそうです。

でも、更に近未来、もしかしたら宇宙では最も重要な食材になるかもしれません。

こんなニュースがあります。

2010年“火星の旅”…ロシアで520日密閉シミュレーション  [サーチナ]

  2007年に始まった「火星500」の一環で、火星への往路250日、火星滞在の30日、地球への復路240 日分の計520日を、宇宙船に見立てたシミュレーター内ですごす。隔離された狭い空間内で、実際の宇宙飛行と同様の作業をこなし、、肉体や精神にどのような影響が出るかを調べる。実験期間は延長される場合もあるといkasei_getumen.jpgう。

 

 

更に未来の世界、宇宙空間ではなく月面や火星に滞在するようになると、長期にわたり“閉鎖空間”で生活する必要が出てきます。

当然ながら、“現地”での食糧自給が求められます。

そうなると、どんな国のクルーでも食べられる「宗教的規制が最も少ない動物」であり、かつ「屠殺せずに生産できる良質の動物たんぱく質」である「鶏卵」が、極めて理想的な宇宙時代の食材になってくるんですね。

また、たまご料理は世界に3万を超すレシピがあり、多様なメニューを楽しむことができます。「たまご料理」は閉鎖環境のストレス軽減に極めて有効ではないでしょうか?

私達の孫の世代くらいには、「火星なら絶対たまごかけごはんだよ!」なんて世の中になっているかもしれませんね!!?

「生たまご」と言えば、「たまごかけごはん」ですよね?

ですが、欧米で「生卵」といえば、もしかしたら「物理」を連想する人が多いかもしれないようです!?

「ニュートンの第一法則」

 というものをご存知でしょうか?

これはいわゆる「慣性の法則」と言われるもので、「止まった物体は制止し続け、動いている物体はその早さで動き続ける」というものです。

これが、なぜ卵と関係あるのでしょう?

まず、下記の動画をご覧ください。(画像クリックで動画へとびます)

newtonslow1.jpg

要は、「だるま落とし」です。  動画を簡単に図で描くとこうです ↓

 

newtonslow2.jpg

 

 

こうやると・・・

newtonslow3.jpg

 

こうなって・・・

newtonslow4_2.jpg

こうなります。

つまり、力のくわえられたトレーと筒は横に移動し、力の加えられていない生卵は空中に制止し続けるため、そのまま下のコップの中に落ちると言うわけです。

じっさいにやってみて、キレイに決まるとかなり気持ちいいです。

 

試しにyou tubeで「Law egg」(生卵の事です)と打ち込んで検索してみてください。

すんごい数の、「ニュートン第一法則の実験」動画が出てきます。

ニュートンのリンゴならぬ、「ニュートンの卵」ですね。(^^;)  

卵が使われるのは、やはり手軽に用意でき、かつスリリングでインパクトが強いからでしょうか。

高校や中学の実験って、細かい理論は忘れても、葉っぱのムラサキ色になったり、噴水が吹きあがったり、インパクトのある映像はいつまでも脳裏に焼き付いているものですよね。

上記の実験も、ボールかなにかを使うよりも、「割れるとそこそこ大変!」な生卵の方が、格段にドキドキしますし。

日本の学校でやると「もったいない!!」って苦情が来そうですが、そこはぜひお父さん。やはりご家庭で息子さん、娘さんと一緒に試してみてくださいませ!

※※注!※※ 上記の図では卵がタテですが、実際は筒の上に横に置きます。タテだとひっかかって筒といっしょに吹っ飛んじゃいますので、ご注意を!(うっかりしてました) 

tamago_nigiru.jpg

大辞林(三省堂)で「にぎりつぶす」【握り潰す】を引くと、こう出ています。

___(1)強く握りしめておしつぶす。
___    例  「卵をにぎりつぶす」

 

卵を握りつぶす・・。

うん。やりませんね。普通。

空き缶でも何でもあるでしょうに、よりによって卵。

どんだけレアな用例なんでしょうか・・。

さて、この用例とはうらはらに、実は驚愕のトリビアがあります。

「卵を人力で握りつぶすのは不可能」

というお話をご存知でしょうか?

根拠は二つあります。

 

■根拠1(形状)
卵は、一定の面圧・全体的な圧力に対してはすごく強い耐久性を発揮します

ギュッと握った力に対しては、非常に強いんですね。ちょっとやそっとの力ではつぶれません。(注1)じっさい、卵の形状を模した古代建築様式は世界中にあります。

■根拠2(精神的抵抗)
「えー。そんなこと言ったって、さすがに全力で握ったらつぶれるでしょ?」

そう思う方、ぜひ試してみてください。

冷蔵庫にある卵を出して、すぐにでもやってみることができますよね?

・・・

どうでしたか?

できなかった or やらなかったでしょ? 

そう。想像したとたん、気がつきます。

卵は力に耐えきれなくなった瞬間に「パチュン」と潰れるはず・・。

もし思い切り握ってみごと成功したら・・。大変な事になりますね。

そして得られるメリットはいかほどでしょうか・・?

この心理のタガを外し、持てる握力のすべてをそそぎこむ。これは結構大変なことです。 どこかで「こりゃ掃除がスゴイことに・・。めんどくさいそう。」とか思ってるうちは、おそらくムリです。

皆さん、いかがお考えでしょうか?!

 

(※)もし「どうしてもやってみたい!」と思うなら、お風呂場をおススメします。

(注1)このトリビア(?)、有名漫画「パタリロ」にも取り上げられています。

(関連:なぜたまごは握りつぶせないのか? その2 - たまごのソムリエ日記)

「女性だけが知っているが10のこと」

というものが紹介されていました。少しだけ引用しますと、

その10.  ネコの表情の判別
その9.  同じ種類で色違いの靴の必要性
その7.  太い服の着こなし
http://labaq.com/archives/51295571.html

などなど、確かに男性には理解したくないできない項目がならんでいます。(全部知りたい方は上記リンク先へどうぞ)

その中で、気になったものが一つ。

「その5.  ベージュ、オフホワイト、卵色の違い」

うん?

たまごいろ・・?

ちょっと気になったので調べてみました。

卵色 たまごいろ #fcd575(原色大辞典)

これは・・・

えー!?

赤卵なんでしょうか?ちょっとイメージと違う色ですね。(^^;)

・・・まぁ、たまごの色も、種類や条件によってまちまちですからね↓

tamago_iroiro.jpg

ウチの卵で、近いものと比べてみましょう。このたまごでしょうか?右が上リンク先の色見本です。

standing_egg.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 tamagoiro.jpg

なるほど、言われてみると似ているかも・・。これが「たまご色」になるんですか・・。

 

■色の比較をしてみた
では、オフホワイト、ベージュとの違いはなんなんでしょう?

ベージュ beige #eedcb3
  :うすい茶色。いわゆる「肌色」のこと(※注)

オフホワイト
  :ほとんど白に近いが、少し色みを感じる色のこと。カラード・ホワイトとも言う。

調べてみると、こうなってました。濃い順に卵色(たまごいろ) > ベージュ > オフホワイトと言う事のようです。

これで迷わないですね!

・・・。

これらの単語、良く考えたら今年一度も口に出した記憶がないんですが、この知識、はたして役に立つ日がくるんでしょうか・・?

 

■おまけ
薄卵色(うすたまごいろ)、というものもあるそうですもう勘弁してください。

 

注:「肌色(はだいろ)」という表現は、現在差別用語なんだとか。

森精機製作所という会社が開催する、「切削加工ドリームコンテスト」なるものがあります。

企業や大学、高等専門学校を対象に、切削機などの工作機械で成形した作品を募集したもので、かなりハイレベルのコンテストとなっているんだそうです。

その今年の作品中、なんと壊れやすい卵の殻の表面を削って人物画を仕上げるという、モノスゴイ技術作品が金属・造形加工部門金賞を受賞しました。

これは、日双工業(京都府宇治市)の「たまごの殻アート」

 

tamago_art1.jpg

※クリックで拡大します。

 

0.02mmの深さでうっすらと卵殻の表面が削られ、立体感を持った精緻な顔が浮かび上がっています。まるでカメオですね。

ライトを当てるとより幻想的です。すごいなー。

 

もともと卵は身近な素材として、昔から飾り付けに使われたり、芸術家の創作意欲を刺激してきました。

たとえば、「インペリアル・イースターエッグ」というものをご存知でしょうか?

ロマノフ朝、ロシア皇帝アレクサンドル3世とニコライ2世が稀代の名金細工師に依頼して作らせた世界最高峰の芸術作品です。

一年かけてひとつ。最高の素材と高価な金細工をふんだんに使用して作られた、これまた超精緻な卵アート です。

 

E_egg.jpg

別名「世界一高価な卵」。

 

なんとお値段一ヶ10億円です。

ひょえー。

タマゴですよ。

殻細工。

もし割ったらどうしよう。

こんなの運ぶ役目の人、本当に大変ですね。

さてさて、でも上記のような、世界最高水準と言われる日本の極微細精密加工技術、ここから生まれる経済効果は10億円どころではありません。

未来の世界を救う、人類の「宝物」かもしれませんね。^^

世界最高峰の芸術作品と、技術作品、たまごにまつわわる二つをご紹介しました。

 

参照:森精機製作所(3)「ものづくり」通じ世界に貢献

参照: 「切削加工ドリームコンテスト」金賞作品

参照:「インペリアル・イースターエッグ」wiki
※二枚目写真は上記リンク先より引用しました。 

「梅雨も終わりかなー。」と思っていたんですが、ここ数日徳島では雨が続いています。

「人の声がいちばん美しく聞こえるのは、雨の日の傘の中」

こんな話があるそうです。雨粒に音波が反射して共鳴状態になるんだとか。
真偽はともかく、とってもロマンチックですね。適度に傘の雨音が周りの音を消してくれるのが良いのかもしれません。

 

■音でおおきく変わる、「ひよこの生まれる確率」
さて、こんな実験があります。
家鴨(イエガモ)の卵を孵化させ、その孵化中に特定の音を聞かせて、その孵化率(ちゃんと生まれてくる率)がどれくらい変わるかを調べたそうです。 聴かせた音は、下の三種。

   1:  くちばしでコツコツ殻を打つ音

   2:  親鳥の鳴き声

   3:  音楽 (クラシック)

これを卵に聴かせたとき、

みなさん、最も孵化率(ふかりつ)が高かったのは、どの音だと思いますか?

 

答えは、3。音楽を流したときが一番高かったそうです。

1や2は、まったく影響ナシでした。

自然界に存在しない「新しい音との出会い」が生への意欲を引き立てるというのは、とっても興味深いですね。

最近あたらしい音楽、聞いてますか?

最近何かに感動しいていますか?

「生きててよかった。」

「こんな素晴らしいことがあるんだ。」

日々新しいことへの興味を失わないことこそが、生きる力の原泉となるのかもしれませんね。

 

■ところで・・・
ちなみに上記の実験、孵化率は変化なしでしたが、「くちばしでつつく音」を聞かせると生まれるのが一日早く、親鳥の鳴き声を聞かせると生まれるのが一日遅くなったそうです。お母さんの声で安心しちゃうのかもしれませんね。人間だとどうなんでしょう?お腹に話しかけると、遅くなったりするんでしょうか・・?気になります。

 

■ところで・・・2
上記実験で聞かせた音楽は、モーツアルト作曲ピアノソナタ第11番イ長調K.331でした。えーと・・、つまり「トルコ行進曲」です。 このモーツアルトの楽曲は、人間の赤ちゃんの胎教にもすごく良いそうで、色んな研究結果もあるそうです。

参照:家鴨卵への異なる音刺激が孵化に及ぼす影響(鹿児島大学農学部学術報告)

 

chikinramen2009032.jpgこちらのサイトで先週アクセストップだったのが、この記事。「チキンラーメンの卵が固まらなくて途方に暮れています。助けてください」――Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に書き込まれた質問から、実際に日清食品に問い合わせてみた結果を紹介されています。

 

日清広報部のお話では、「調理前に卵を常温に戻すこと」が最も大事だとか。卵の凝固温度は60℃を超えます。確かに冷蔵庫から出したばかりの卵では、凝固まで至りにくいハズ、なるほど。他にも「先に器にお湯を入れてあっためる」、「フタを必ずすること」など納得の細かい気配りが、あのおいしそうな卵入りチキンラーメンになるんですね。でも「簡単にできること」が大きなウリになってるチキンラーメン、多少は生でもいいからスグ食べたい!って声の方が大きそうにも思いますがどうでしょうか?

(※上記の作り方は、日清食品HPの「即席賢食講座」に掲載されています。)

そういえば、

一昨日の「ためしてガッテン」のテーマは、「ホットケーキを絵本や商品パッケージみたいに、ふっくらと焼きたい!」というものでした。

やっぱり パッケージにある「理想の完成図」どおりに作ろうと思うと、どの食品でも予想外の気配りが要りそうです。Laughing

1 2 3 4 5>>

料理別たまご online shop
焦し香味たまご

アーカイブ