たまごのビックリ科学の最近のブログ記事


camera1.jpg

こんにちは。こばやしです。

デジタルばやりの世の中ですが、昔は「写真」といえばモチロン現像されたものを指しました。 そして!実は昔むかし、写真の現像に卵を使っていたのってご存知でしょうか・・・?

映像を写真にするには光に感光する「印画紙」というものが必要だったのですが、この印画紙にたまごの白身が使われていたんですね。

なんでも卵白に食塩水を混ぜその後和紙に薄く塗り乾かしたもので、使用直前に硝酸銀溶液という薬液に浸して印画紙として使い、「鶏卵紙」と呼ばれていたそうです。

モノクロ印画紙なら“白黒”の写真なのですが、この「鶏卵紙」写真の場合は“セピア色”になります。

bakumatu_shodoshima_bus.jpg    bakumatu_shodoshima_bus_sepia.jpg

            (モノクロ印画紙)              (鶏卵紙 ※イメージです)

ホラ、ふるーい写真ってセピア色してますよね? これが「鶏卵紙」を使った写真なんです。 この技術は19世紀中ごろに発明されており、時期から考えて幕末や明治時代初期あたりの写真はすべて「鶏卵紙」の写真ということになるそうです。 かの坂本竜馬や土方歳三なんかの写真も「たまご」のおかげで写っているってことです!(^^;) たまごは食べるだけじゃなく、ナント人類の歴史を後世に残すための大きな役目を担っていたんですね。 すごいぜ!たまご。

 

◆セピア色に魅せられて・・・手作り写真の魅力

sepia_food5.jpg

さて、この鶏卵紙写真ですが、セピア色の独特の風合いにとても味があり、また身近にあるたまごで割と手軽に作れることもあって、 現在でもこの技法を使って写真を撮っている人が沢山いらっしゃいます。

たとえばつい先日のニュース・・・・・・↓

 

 

 【ニュース】鶏卵紙写真:セピアに映える苔玉 名古屋の竹谷さん、初の個展 /愛知 - (毎日新聞) 2012/03/08(http://mainichi.jp/area/aichi/news/20120308ddlk23040183000c.html
名古屋市熱田区の写真家、竹谷出(いずる)さん(43)が、鶏卵紙を使った写真展「感光の深淵(しんえん)に旅して」を11日まで、同市千種区今池南のギャラリー想で開いている。

また、インターネットで「鶏卵紙」と検索すると、撮った写真を紹介しているページや、またスーパーで買ってきたたまごで鶏卵紙をつくり、その作り方を詳しく説明しておられるサイトもあります。

現代にも残っていること、「たまごマニア」としてうれしく感じます(^^)

私もこんどやってみようっと!

ここまでお読みくださって誠にありがとうございます。

参考:改訂増補たまごの知識(幸書房)

 

nageru_tamago.jpg

何度かご紹介しているのですが、欧米では小学校の頃から「たまごを使った科学実験学習」はポピュラーです。 何種類もの実験が行われているんですね。

今回は、「運動エネルギーと破壊」についての、卵を使った物理学実験をご紹介。

 

◆運動エネルギーの伝わり方を、卵で体感する
二人が手で広げたシーツに、思い切り卵を投げつけます。なんと!卵はまったく割れません。しかし、当然ですが、壁にぶつけたら簡単に割れてしまいます。 同じ運動エネルギー(衝撃)でも、物体にいっぺんに加わるか少しずつ加わるかで、その結果はずいぶん変わるんです。

・・・、こんな感じの授業内容です。

大人がフルスイングで投げても、卵が割れない」っていうのは、ビジュアル的にすごくわかりやすいですね。

実験と講義を見る子供にとっては、すごく印象的な学びになることでしょう。

「衝撃を分散させる」、という考え方について今度は、車のバンパーやランニングシューズの靴底、いろんな身近なところにも応用されている事実を理解することができます。 ゆったり座れるソファーだって、体重を分散させているから快適なんだと知ると、単なる数式で考えるのとは全く違う楽しさが生まれてくるでしょう。

すなわち“活きた学び”になってくるわけですね。

 

◆意外に強いたまごの強度
余談ですが、卵自体は、実はかなりの力に耐えることができます。

卵殻の長軸方向で、一個あたり7kgほどの力に耐えると言われています。

10個あれば、大のオトナでもその上に立てるということです。

「ゆっくりとかかる力」に対しては、けっこう頑丈なんですね。

うーん、すごい!

(参照)海外の高校必修、「ニュートンの卵」ってなんだ? - たまごのソムリエ日記
(参照)なぜたまごは握りつぶせないのか? その2 - たまごのソムリエ日記

こんにちは。こばやしです。

少し前に話題になっていましたが、超電導のデモンストレーション動画、超スゴイですね。 まるで魔法です。 動画一分ぐらいからは圧巻です!

 金属や化合物を超低温にしたときに、まるで水が氷になるように別の状態に相変化すること、電気抵抗がゼロになる・浮遊する(磁気浮上)などさまざまな現象が起こることを「超電導状態」というのですが、いやはや、上記の動画を見るともう「バックトゥザフューチャー」の世界も遠くない気がしてきます。

◆たまごは高速回転で空を飛ぶ
 最新の素材だけがスゴイワケではありません。 実は、たまごは高速回転すると浮き上がることが、研究により判明しています。

 なんじゃそりゃ・・? 、と思った方に以下ご説明。flyingegg_picture.jpg

 たまごの形状を一秒間に30回転させると、「フワッ」と浮き上がる。 慶応義塾大学の下村教授が予測・検証し、神戸大学海事科学部の西岡教授らも詳細な映像を収めている結論です。 テーブル上でたまごを回転させると、重心が上に偏り、だんだん起き上がってきます。 回転時の乱れが重なり、秒間30回転を超えると重力とほぼ同じ力が浮かぶ方向へ加わるため、結果として宙に浮くんだそうです。(約0.1mm・0.002秒間ですが)

 すごいですね!

 「浮遊」という概念はとてもロマンがあります。 マイナス269℃という極低温の非日常な世界で生まれる超電導物質と、日常にある普通のたまご、両者が「浮かぶ」という点でつながっているとは興味深いですね。

 また、どちらの発見も「偶然の気づき」から生まれています。 私達も好奇心をいっぱい持って、まだ見ぬ発見や価値創造のために、小さな気づきも大事にしながら良いモノづくりをしていかなくては!と再決意しました。(^^)

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

参照:探偵!慶応スクープ“回転卵は跳べるのか” 慶應義塾大学法学部:下村裕教授

参照:神戸大学トップページ - 2005年7月11日 お知らせ

参照:ケンブリッジの卵―回る卵はなぜ立ち上がりジャンプするのか(下村 裕 著)
   ※なぜこんな着想を得たのか、どうやって解明していったのかなどが綴られており、非常に読み応えあります!おススメ(^^)

denshirenji_dachou.jpgこんにちは!こばやしです。

更新が開いてしまいました。

さて、「たまごをチンすると、とんでもないことになる。

という事は、ずいぶん知られてきました。

ようは「ポンッツ!!」ってなって飛び散っちゃうんですね。

掃除が大変です。

じゃあ、「ダチョウのたまご」なら、どうなるんだろう・・?

と、やってみたのが下。

結果は私の予想をはるかに超えてました・・。 まァちょっと見てみてください↓

これはちょっとスゴすぎでしょう。(^^;)

 

◆そもそもなぜ爆発するのか・・?
これは、殻と膜があるからです。

電子レンジ中では、内部の水分子にマイクロ波があたり、急激に振動することで加熱します。その際に発生する多量の水蒸気が、内部圧力となりカラをぶち破って爆発するわけですね。

ですから、水分があって殻(膜)に包まれている食品なら、なんでも爆発します。

タラコ、ソーセージ、クリ、イクラ・・、いろいろありますね。

ちなみに目玉焼きをレンジで作っても、膜に包まれたままの卵黄はやっぱり爆発します。この場合はつまようじで穴をあけておくと大丈夫です。

じゃあ、電子レンジでゆでたまごは作れないのでしょうか?

 

◆電子レンジで完璧ゆでたまご
こちらの実験によると、(1)「アルミホイルで包む」、(2)コップに水を入れたなかにそれを入れる(3)それからレンジでチン、これで完璧なゆでたまごができるそうです。

これで大丈夫ですね!

・・、って、ここまでするくらいなら、鍋で茹でた方が、よっぽど簡単な気が・・。

2phone_egg.jpgこんにちは!こばやしです。

先日、百年つづく、たまごの迷信についてお話ししました。

今度は、最新の「たまご都市伝説(?)」に迫りたいと思います。

さて、アメリカでは今、こんなチェーンメールが流行っているそうです。

 

◆通称 “1 egg + 2 mobiles”(1卵プラス2つの携帯)メール
要約すると、『2つの携帯電話で65分間会話をすると、卵が茹で上がるだけの電磁波が出る』という驚きの内容。

実際のメールはこんな内容です。↓

「2つの携帯の間に卵を置き、65分間コールします。」「実はその電磁波だけで、卵のタンパク質を変性させるほどのポテンシャルがあるんです」。メールは続きます。 「最初の15分は、何も起こりませんでした。」 「25分後に、卵は熱くなり始めました。 45分後には、卵はもうアツアツに。」 「そして、65分後には、卵はすっかり調理されてしまいます。」

そしてこう結びます。

「卵が茹で上がるくらいだから・・・、あなたが長電話している時に、脳のタンパク質に何が起こるのか分るでしょう?」 「だから、長電話は減らして、大切な家族へのメッセージには、メールを送りましょうね。」

・ ・ ・ と、言う内容です。2phone_boiledegg.jpg

このメールが、ひどい時には一日二回送られてくるほど頻繁に出回っているのだとか・・。

文章に出てくる“素材”がすべて身近にあるもので、

かつ、その変化がイメージしやすくて恐ろしい。

しかしメンドくさくて検証する気にならない内容。

なるほど、良くできた都市伝説だと思います。

 

◆検証してみた結果はもちろん・・・
この都市伝説の根拠は、電子レンジの電波周波数と携帯電話の周波数が近いこと。

そして携帯電話の影響についてはいろんな説が出ていますが、少なくとも電磁波の“熱作用”という点に関しては、まったくの笑い話であると言えます。

1℃体温を上昇させるためには、1kgあたり約4Wの電波エネルギーが必要です。

電子レンジは500-600Wの出力がありますが、携帯電話の電波出力はわずか約0.6Wしかありません。 たんぱく変性を引き起こすほどのエネルギーは到底ないんですね。 熱エネルギーに限って言うならば、両手を10秒こすり合わせた方がよっぽど多いです。

本エントリは、こちらの海外記事の紹介です。

記事中では実際に、i-Phon2台で卵をサンドイッチして通話し、検証して2phone_egg2.jpgいます。 

この結果によると、65分間の通話をした後、たまごの中身はもちろん生卵のままでした。 しかも卵は冷たいままだったとのこと。

地下水道の白いワニや、ミミズバーガーと同じたぐいの都市伝説ってことのようです。

ところで、これよく考えたらたまごの都市伝説じゃなくて、携帯電話の都市伝説ですね・・・。

参考: TelecomTV  News  1 egg + 2 mobiles = scrambled thinking(英語ですが検証動画もあります)

参照: 低出力マイクロ波による熱作用

ignobel.jpeg 今週のヤングジャンプに、『イグ・ノーベル賞を作った男/マーク・エイブラハムズ』(栄光なき天才たちシリーズ)という読みきりが載っています。

  イグ・ノーベル賞とは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞で、ノーベル賞のパロディ的な賞です。

 大真面目にやっている研究でも、ハタから見るととっても面白く感じられるものがたくさんあります。 そんな研究を賞賛(?)しているわけですね。 べつに世の中に貢献してなくても受賞できます。

◆どんな人が受賞?
 受賞者も、大学の研究機関から、あやしげな民間発明家まで、多岐に渡っています。

たとえば、昨年のイグ・ノーベル 平和賞は、

ステファン・ボーリガー他(スイス・ベルン大学)の研究
 ビールのいっぱい入ったと空の瓶のどちらが頭を叩き潰しやすいか、実験により示したこと』

に対して贈られています。 

 これ、大学の正式研究ですから、強度グラフなど精緻なデータをとって、大真面目に学会で報告しているわけですね。

 

◆たまごのイグ・ノーベル受賞おもしろ研究
 この賞は1991年から始まったのですが、卵そしてニワトリについてのいくつかの研究に対しても賞がおくられています。 それも、すんごい研究。

○物理学賞   ルイ・ケルヴラン
鶏卵の殻中のカルシウムは(生体内の)常温核融合過程によってつくられる、という彼の結論に対して。』(94年)

    ニワトリさん、核融合で卵作ってたんですか・・・。スゴすぎです。(^^;)

 

○消費者工学賞   ロン・ポピール
殻の中で卵を混ぜるもの」などの装置によって、産業革命を再定義したことに対して。』(93年)

    たまごの中身が、産業革命と関係しているとは・・!

 

○気象学賞  バーナード・ヴォネガット(ニューヨーク州立大学オールバニー校)
論文「ニワトリの羽がちぎれる現象を指標とした、竜巻の風速の概算方法」に対して。

    風力計とかでいいじゃん!?ニワトリさん、大変すぎ。

 

○境界領域研究賞   ステファノ・ギルランダ他(ストックホルム大学)
論文「ワトリはどちらかというと美人を好む」に対して。』 (03年)

   うーん、ニワトリさんは面食いなんですね。 知らんかった。鶏舎にグラビア写真とかを貼ったら、もっと元気出るかな!?

 

◆科学を楽しむことの大切さ
 個人的に、このイグ・ノーベル賞の意義は、やはり「楽しんで学ぶこと」だと思っています。

 今、国立大学は独立採算制に移行しています。「役に立つこと、世の中へ貢献すること」をより強く求められているわけです。

でも、学問って、そればっかじゃないですよね?

「なるほど!」と思ったときのあの興奮。

「ちょっと試してみるか!」と思い立ったときの、あのワクワク。

知りたいから調べる

これだって、りっぱな学ぶ動機です。

むしろ学問としては、「役立つこと」を意識するほうが不純なのかもしれません。

知的好奇心は、人間の特権です。

もっとも、「美人だって見分ける」くらいですから、ニワトリさんも人知れず考察し、知的探求しているのかもしれませんが・・・。

 

(関連日記)たまごっちで消えた労働時間とイグ・ノーベル賞 

tamago_nigiritubusu_pic.jpg生たまごを握りつぶす。

そんなもったいない事をするくらいなら、たまごかけごはんにして食べた方がマシだとは思います。

ですが、「たまごを人力で握りつぶすのは不可能」と聞けば、がぜん興味が湧いてきますね。

以前ご紹介した根拠は、

(1)一定の面圧に対して非常に強度が高い、卵の特殊構造

(2)握って破裂することに対する、心理的ブレーキ

この二点が理由でした。特に(1)の構造は、古代ローマ建築にも取り入れられており、古代ギリシャ建築と比べて古代ローマ建築の残存数が圧倒的に多いのは実にこの「たまごアーチ型構造」のおかげなんだとか。

tamago_archi2.jpg

                 アーチ型構造

そして更に、もうひとつの根拠が判明しました。

 

根拠(3) パスカルの原理

??覚えてますか? そういや、なにやら中学校あたりで聞いたことがあるような・・・?

一言でいうと、 「容器内の液体(流体)にある面から圧力を加えると、どの部分にも同じだけの力が伝わる」というものです。

身近な例でいうと、自動車のブレーキペダルなどの油圧装置。踏んだ力が、液体を通してそのまま駆動部分にも同じ圧力として伝わっています。

さて、これが卵とどういう関係があるんでしょうか?

こちらの動画をご覧ください。(画像クリックで動画へとびます)

pasukaru_tamago.jpg

この動画は海外の授業風景なんですが、

生卵をビニール袋に入れて、思いっきり握らせています。

そして、誰がやっても握りつぶす事ができない、その理由を「パスカルの原理」で説明しています。

つまり、小さい卵を握ると、すべての面に圧力がかかるため外圧と内圧が均等に釣り合った結果割れなくなるようです。

例えるなら、水の入った小さな風船をにぎったようなものです。一部分のみに力を加えると、もちろん風船は変形します。  しかし、すべての面から均等に外力を加えると、力の逃げ場がなく、風船は変形のしようがありませんね。

したがって(1)たまごアーチ型構造 (2)心理的抵抗 (3)パスカルの原理、この三つの要素が、「たまごを握りつぶすのは絶対不可能な理由」になります。

うーん、奥が深いです。

(関連 : 社長日記-「たまごを握りつぶす」のは不可能

 

■ところで・・・
このパスカルの法則、

あるアンケートによると「聞き覚えはあるけど内容はわからない理科・科学の法則ランキング 一位」なんだそうです。

確かに、一般社会ではあまり必要ない知識かもしれませんね。

1 2 3 4 5

料理別たまご online shop
焦し香味たまご

アーカイブ