ニュースに考えるの最近のブログ記事

danran201604.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

一年ほど前の記事ですが、こんなニュースを目にしました。

凶悪少年犯罪、親の料理を食べる習慣の少なさと因果関係か 偏食や一人夕食も 警察調査 (Business Journal) - Yahoo!ニュース http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150306-00010002-biz_bj-nb

群馬県警・千葉県警にて「少年犯罪と食」について調査した結果、検挙・補導された少年達は家庭で「朝食を一人で食べる」「家以外で朝食を食べる」「夕食を一人で食べる」「家族で鍋を囲むことがない」などの共通点が多く見られました。

これらの調査は10年以上前のものですが、ふたたび世間をにぎわしている“川崎市の少年A”や、“宇都宮のリンチ殺人事件”の加害少年など、近年の凶悪犯罪でも、その傾向がみられておりまして、再度そのデータが注目されているようです。

◆楽しい記憶と料理の香りはつながりやすい
話は少し変わりますが、「香り」と「記憶」には深いつながりがあります。 嗅覚の情報は五感の中で唯一、喜怒哀楽・感情などをつかさどる脳の部分「海馬」に直接送り込まれることが知られています。

医学的にも、匂いは感情や記憶を呼び起こしやすいということが証明されています。 これをプルースト効果と言います。

フト嗅いだクッキーの甘い香り、プールのニオイ、海風の匂いから、子供の頃の記憶が鮮やかによみがえる・・・・・・こんな経験は皆さんもあるのではないでしょうか。

食に関しても、香りは重要です。

楽しい食卓を囲んだ記憶・・・・・・これが料理の香りと共に記憶に残り、以後その食事をするたびに、楽しかった感情の記憶がよみがえる。 この香りと結びついた楽しい記憶が、一生の財産として、人を幸せな人生にしてくれるのかもしれません。

だから、楽しい食卓を囲むって本当に大事なんです。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

moetama_koukoku.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

上の可愛らしいキャラクターの「たまご広告」は、放映中アニメの原作ライトノベル「のうりん!」中の挿絵。 「岐阜のマジメなたまごです。」などと書いてあることから実在する卵の“萌え広告”と勘違いされ「岐阜県がついに壊れた!」などのコメントと共にツイッターで拡散されているようです。

「萌え無精卵広告」拡散で混乱呼ぶ | ニコニコニュースhttp://news.nicovideo.jp/watch/nw922901

うーん、なんというか、すごく斬新なPRです。 ゴムを付けた、ってのは「無精卵」であることのキャッチコピーなんだそうです。(^^;)

ゴムって・・・・・・

世の中の99%以上のたまごは“無精卵”なので、それをアピールすることってほとんどないんですよね。 有精卵は鮮度の劣化が非常に激しいため、きわめて短い期間しか保存できません。 なので無精卵の方が安全性に優れ、保存性も比較にならないくらい良いんです。 また栄養面でも、有精卵は「精がつく」ようなイメージがありますが実際はそんなことはなくて、無精卵と有精卵の栄養成分に差はありません。

なので「無精卵の方がいいんだよー!♪」とアピールすることも不可能ではないのですが…

ちなみにこの「のうりん!」という物語は農業高校を舞台にしたコメディで、上記の広告(?)は純情な新入生の女の子に「無精卵と有精卵の違い」をHな表現抜きで説明するための苦し紛れの説明をポスターにしたパロディ広告。

nourin_anime.jpg

第58回「小学館漫画賞」の人気漫画「銀の匙」や、第12回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞の「もやしもん」のように(両方春までに連載終わっちゃいますが…)、これらのアニメや小説を見て将来畜産を目指して学びの途に就かれる学生さんが増えてくれるとうれしいですねー。

徳島でも農業関係の学生さんとお話しする機会が時々あるのですが、私も元気をもらってます。(^^)

katuuramikan_chozokko1.jpg

おんなじ理由で、カワイイキャラクターをもとにして商品PRをすることも、充分アリだと思います。 上記の広告は徳島は勝浦町発、私の大好きな「勝浦貯蔵みかん」のイメージキャラクター、「ちょぞっ娘」ちゃんです。 これホント甘くて美味しいんですよー!

このキャラクターを知って、徳島の美味しいみかんに興味を持って下さった方もたくさんいらっしゃるようで、そういう意味でも「伝え方の多様性」って大事だなーと思います。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

こんにちは!こばやしです。

徳島の今日はちょっとぬくいです。

とはいえ季節は冬。 あったか料理に幸せを感じる時期です。

反面、寒さで血管が収縮しやすく、循環器に不安のある方は、健康面で気をつけることが増える時期でもあります。

さて、こんなニュースがありました。

 

「救急安心たまご」お年寄り救った 瀬戸市消防が配布 - マイタウン愛知(アサヒcom)

緊急連絡先や病歴を記したメモを入れた卵型プラスチックケーanshintamago.png冷蔵庫のたまごポケットに保管することで、一人暮らし高齢者の救命に役立てようという試みがなされているそうです。

「救急安心たまご」と名づけ、瀬戸市消防本部が数千世帯のお年寄りに配っているとのこと。 実際にこれで助かったかたもいらっしゃるんですね。

卵型にして“冷蔵庫”に入れるメリットとしては、

1)どの世帯にも必ずある

2)すぐに取り出せる場所に必ずある(たまごポケットは探しやすい)

3)頑丈で災害などの場合にも壊れにくい

などなど。

やはり、一分一秒を争う現場では、特に2番目の理由がすごく重要になりますね。

冷蔵庫の中に救急安心たまごが入ってます」という冷蔵庫に貼るステッカーもいっしょに配っているとのことで、今後この街の救急では「駆けつけた隊員はまず冷蔵庫の扉を見る」という習慣に変わってくるのでしょう。 それによって救われる方も更に増えくるかと思います。

もう一点、この試みの素晴らしい点は、「極めて安価に実行できる」というところ。

この「たまご」は、ガチャガチャの不要になった容器をメーカーから譲り受けているそうで、そこに「救急シール」を貼るだけで完成。 カンタンで費用はかかりません。

ぜひ、全国の自治体で実践してほしいものです。(^^)

 

話は変わりますが、

こばやしは大学・大学院と、有機化学系の研究をしておりました。

試薬や化合物をたくさん使うため、もし中毒で倒れた場合に原因物質がサッパリ判らず対処できない可能性があります。

なので、教官には、「もしもの時は、倒れる前に薬品名を大声で叫べ。」と言われてきました。

・・・、

幸いそんな経験はありませんでしたが、もしも実験中クラクラと気が遠くなった時

「うぅ・・ ジメチルホルムアミドと一酸化○△化合物ッ・・!(バタッ)」

なんて上手にできたかどうか、今でも疑問です。

やはり、近くに試験スキーム(手順書)を置くこと、周囲もまずそれを確認することが大事なんでしょうね。

ではでは。

食べて健康寿命を延ばすたまご、今回は健康を損なってから役立つたまごのご紹介でした。(^^)

こんにちは!こばやしです。

先週に全日程を終了したAPEC。

さまざまな会合、取り組みの中、こんな食への試みがあったのをご存知でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絵文字:食材表示は一目でOK APECでホテル採用へ 

食材が一目で分かるピクトグラム(絵文字)を大阪市のNPO法人「インターナショクナル」が開発し、横浜市で7日から始まるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の宿泊先の6ホテルが導入する。宗教の戒律やアレルギーによる食べ物の制約を言語を使わず対応する。各国首脳らによるレセプションパーティーのメニューにも絵文字が採用される予定だ。

絵文字はクリーム色の背景に、牛や豚、魚、小麦や落花生など14種類が茶色で描かれている。専門のデザイナーが考案した図案を、国内外の1500人にアンケート調査を経て、どこの国の人でも分かるように改良を重ねた。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101103k0000e040011000c.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてこちらがその表記写真

emoji.jpg

なるほど、

たまごやニワトリは、割とわかりやすいと思います。

小麦はちょっと難解ですかね?

とってもかわいらしいデザインなので、使ってもいいかな、という飲食店も多いのではないでしょうか?

落花生なんかはアレルギー症状も重く、死亡にいたることも少なくないですから、文字の読めない海外では死活問題になります。

また、記事にあるように、宗教上の戒律を守る人にとっても、どんな食材を使用した料理なのかを知ることは、非常に重要です。

(食に厳しい戒律を持つ宗教、例えばイスラム教徒の人口は15億7000万人。実に人類の4人に一人もいます。)

この試みが国際統一表記となれば、とてもすばらしいですね。

toubu_gyokyo_itiba.jpg「東京湾の船から直売始めました!!」──東京湾の船上から、漁師が捕ったばかりの魚をネット販売する試みが始まった。

横須賀市東部漁協横須賀支所の漁師による「東部漁協夕市会」の公式サイトで、東京湾の船上からその日の漁獲物を直販する。

同会の漁師が船上から毎朝、その日の目玉となる漁獲物を出品。ユーザーは写真や動画を見て魚を購入できる。配送は関東圏内が対象だが、午前9時まで注文すると、当日のうちに届くという。携帯電話向けサイトからも注文できる。

東京湾の船上から、漁師が魚をネット直販 - ITmedia News

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

うーん、これはスゴイですね!!

ある意味究極の産直だと感じます。

特に 「Twitterアカウント「@yoshieimaru」とも連携。漁の状況をリアルタイムにつぶやくとしている。」と書かれてるのですが、ツイッターの長所を最大限に活かす、素晴らしい使い方ですね。

まだあまりつぶやいてないようですが、例えば

「さっきめっちゃ活きがいいサバ獲れました!今から持って帰るよ!!」みたいな情報が入ってきたら、ワクワクしますよね。 急いで注文してしまいそうです。

「新鮮さ」という価値と共に、「ライブ感」という新しい価値をうまく伝えられたら、大きな強みとなるかもしれません。この辺は、たまごを届ける我々にも、大いに参考になりそうです。

三浦康志氏のメルマガでも、クール宅配便を使っての大々的な全国販売成功例として、南紀白浜の「とれとれ市場」による「南紀の生マグロ」が紹介されています。水産業界も新しい可能性を模索して、かなり熱い状況なのかもしれません。

我々も負けてられませんね!

関連: 東部漁協夕市会ホームページ

Mar
03
2010

 

jiyuuken.jpg

生卵で有名 カレー店「せんば自由軒」破産手続きへ(スポーツニッポン)
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100225061.html

 

「せんば自由軒」としてカレー店を展開していた自由軒(大阪市中央区)が破産手続きの準備を始めたことが25日、分かった。東京商工リサーチによると、負債総額は約4億5000万円。生卵を落とした独特のカレーで有名だが、本家とされている大阪・千日前の「自由軒」とは別会社。
東京商工リサーチによると、1970年に合名会社「自由軒」から独立して設立。大阪のほか、東京、名古屋などで積極的な店舗展開を進めたが、資金負担や売り上げの低迷で、業績が低迷していた。 [ 2010年02月25日 13:16 ]

■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■ ■■

 実は、大阪出張した際、ときどき食べに行ってました。

上の写真は初めて食べに行った時のメモ。

生卵の食感が好きだったんですよね。

オムライス専門店「ハローエッグ」を経営していた「いづみや総本社」の破さんといい、良く行っていたお店、それも卵に関係するお店が無くなっていくのは残念です。

 

 創業企業のうち7割は、10年以内に倒産するそうです。

そして今、倒産が多いのは創業30年を超えた老舗企業。

新しいことに変革していくには組織が固定されすぎていて、

創業から支えてくれた人財がちょうど退職していく時期です。

当社も創業45年、襟を正して新しい価値づくりに取り組んで行かなくてはいけません。

そしてできれば、その変革をワクワク楽しめる会社でありたいですね。

我が社にはまだまだ「宝」が眠っています。全く新しく変えていくのではなくて、これを掘り起こして新しく磨いていくことが、当面のワクワクになります。(^^)

ここのところいろんなスケジュールが絡んで、飛び回っています。(--;)

今日は短めで。

さて、皆さんご存じのこのニュース。

(ニュース)新型インフルワクチンで副作用 カナダで17万本を使用中止(47ニュース)

(ニュース)【新型インフル】GSKワクチンに高率で副作用 日本も輸入予定!(産経)

 日本の厚生労働省は、同じ製品を2回接種で3700万人分購入する契約を結んでいるそうで、この新型ワクチン打ったほうが良いのか、打たない方が良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

急ピッチで生産までこぎつけた新型ワクチンは、早くからその副作用の危険性が指摘されていました。

 [コラム]インフルエンザ強制予防接種の恐怖(7月29日 田中 宇の国際ニュース解説)

 こちらの記事によると、

今回の新型ワクチン開発にあたっては、臨床試験をすっとばすなど異例の措置がとられた上、英国などでは早々に全国民に義務化が決定してしまうなど、なしくずし的な側面があったとのこと。英米の製薬会社と政治の癒着すら指摘されているようです。

 

■本当に今回のインフルエンザは脅威なのか・・?
例年と比較した死亡率が大きな差がない・・。毒性も薄い。そんな指摘もある中、世界的な状況把握がすすんでいません。なのに近いうちに20億人が感染すること間違いない!との発表もあるようで(WHO)、なにやら不自然な気もします。

上記リンクのコラムには、過去の副作用発生例も詳しく書かれています。ご興味の方は読んでみてください。

義務化された英国でも、下記の状態になっているようですね↓。

(ニュース)新型インフルワクチン、英国民の多くが接種拒否[ロンドン 18日 ロイター]

 76年接種のワクチン被害では、米国で約50万人が副作用に苦しんだとのこと、その症状を考えるとやはり新型ワクチン接種には慎重になってしまいます。個人的には通常のインフルエンザワクチンを接種しようと思っています。 みなさん、どうお考えでしょうか?

 

(関連)我々にもできるインフルエンザ対策:厚生労働省のめっちゃ良くわかるYou Tube映像

<<1 2 3 4

料理別たまご online shop
焦し香味たまご

アーカイブ