小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

「目玉焼き」はなんの「目玉」なのか?

medamayaki_hutatu.jpgこんにちは!出張続きのこばやしです。

冬に向けて、忙しい日々が増えてきました。

手の込んだ料理は休みの日にまわして、

朝食には手軽につくれる目玉焼きは重宝しますね。

さて、ここで質問。

目玉焼きの「目玉」って、なんの目玉だかわかりますか??

えッ!? ソモソモ そんなこと考えたこともないや。

そんな声が聞こえてきそうです。

おどろくなかれ、

「目玉焼き」のことを「○○の目玉」焼き、と呼ぶ “愛称” が世界中に存在します。

北米英語圏ではなんと、雄牛。

「Bull’s Eye’ fried egg」、目玉焼きのことを「雄牛の目玉焼き」と言います。(Ox Eye Fried Eggという事も) インドネシア語の目玉焼き「マサタピ」も、「牛の目」という意味なんだそうです。

なんでしょうね?

デッカイ目に見えるからでしょうか?

確かにあのサイズ、あれが動物の目だったら相当の大型獣です。(^^;)

アフリカあたりでは「エレファント アイ」だったりして。

下記リンクによると他にも、

「怪物の目」、「蛇の目」、一つ目の目玉焼きは「片目のジャック」

なんて呼び方もあるんだとか。(注※)

日本では「なんの動物」かははっきりしていませんが、

「目玉」と呼ぶ点はおんなじです。

興味深いですね。

ちなみに世界一たまごを食べる日本人ですが、

目玉焼きは “一つ目”が圧倒的。

欧米は二つ目がメジャーです。

アメリカで寮生活していた時は、ルームメイトに

「ニホン国旗のイメージが頭にあるからかい?」なんて、からかわれたりもしました。

さてさて、これも興味深いです。(^^)

明日は岐阜同友会の皆さんと例会でご一緒します。

きっとたくさんの学びがあります、たのしみです!

 

(※注): パンに乗せたときだけの呼称、の場合もあるようです。

参考 : 人力検索はてな 【英語】【目玉焼き】卵を2個使った・・・

参考 : モーツアルトの目玉焼き(はまの出版)

カテゴリー | ソムリエ日記 , 目玉焼き2010年10月20日