小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

子供を卵アレルギーにしないための、たった一つのこと

こんにちは!たまごのソムリエ・こばやしです。

赤ちゃんに卵をできるだけ早い時期から食べさせる。

たったこれだけで、後に卵アレルギーになる確率が大幅に減ります。

のべ20万人の赤ちゃんを対象とした、

最新150の研究報告を徹底分析した結果、

以下のことが判明したんですね。

4-6ヶ月齢の赤ちゃん時に卵を食べさせると、後のアレルギー発症率が40%も少なくなる』

また同じく、

ピーナッツを4-11ヶ月齢までに食べさせた場合、

ピーナツアレルギー発症率が7割も下がっていました。

この研究をまとめた

インペリアルカレッジ(英国)のロバート・ボイル博士は、

「赤ちゃんに、早めに卵を食べさせることで、

一生の卵アレルギーのリスクから救えるかもしれない。」

と発表しています。(※ただし、すでに湿疹などアレルギー症状を示している場合は食べさせないようにとの事です)

実際には、

1000人あたり24人の赤ちゃんを

卵アレルギー発症から守れる、

との推定だとか。

昨年(2015年)の日本における新生児数は、

100万8000人。

ということは理論上、

24,000人の赤ちゃんが、

卵アレルギーを回避できる

その可能性があるってことですね。

 

◆研究で変わるアレルギーの常識
以前は、

アレルギー数値の高い子供に対して、

「2-3歳になるまでアレルゲンとなる食品は食べちゃダメですよ。」

…と、お医者さんが言っていたんですね。

でも実は

だったんですねー。

ちなみに牛乳、魚介類、アーモンド類、小麦

についても同じく調査したのですが、

こちらは『早期に食べさせる』ことでのアレルギー発症率低下は見られなかったそうです。

そして日本の研究では、

妊娠中のお母さん

卵・牛乳を良く飲むと赤ちゃんのアレルギー発症率が下がる、

という研究報告もあります。

ぜひ、子育て中・御妊娠中のお母さん、

ご一考くださいませ!

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

(参照:Feeding Kids Peanuts & Eggs Early May Lower Allergy Risk - Live Science-2016/09/20)

(関連:早期に卵を食べれば、赤ちゃんがアレルギーにならなくなる!?【研究】 – たまごのソムリエ面白コラム

カテゴリー | ソムリエ日記 , 健康2016年09月30日