小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

飲むべきか飲まざるべきか!?健康究極の選択

beer1.jpg

こんにちは!たまごのソムリエ、こばやしです。

何を食べたらよいか、世の中はたくさんの情報であふれています。

さて、その情報が矛盾していた場合、どう判断すれば良いのでしょうか??

いよいよ忘年会シーズンの到来です。

本日はお酒にまつわる“情報対決” をすこしご紹介。

【知りたくもない!?カラダの不思議】 お酒を飲むと脳細胞が死ぬ!?( http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20100206/dct1002061350000-n2.htm)

酒飲みには聞き捨てならない話がある。「お酒を飲むと脳細胞が死ぬ」というのだ。これって本当なのだろうか。医療法人社団榎会・榎本クリニックの深間内文彦院長に聞いた。
「その通りです。加齢とともに脳の神経細胞は減っていきますが、アルコールを長年飲んでいる人の脳では神経細胞の減少率が促進され、CTなどで見ると年齢のわりに高度の萎縮が見られることがあるんですよ」・・・

・・・、というわけで、ようするに、長いことお酒を飲み続けるとバカになりやすい、ってことでしょうか・・・!? やっぱりお酒は控えるべきなのでしょうか・・・・・・???
が、しかし、こんなデータもあります。

↓ ↓ ↓

 

お酒を飲まない人は早く死ぬ?アルコールと死亡率の意外な関係 (http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=391668)

アメリカの研究者によると、お酒を飲む人は飲まない人に比べて長生きする事が判明したという。この研究はアメリカの55-65歳の1,824人を対象に、20年にわたって追跡調査して判明したもの。その結果、適量のお酒は身体と心の健康を維持する可能性があるという。 ・・・

・・・・・・というわけで、 適量なら長期間飲んだ方がいいの研究結果です。 “酒は百薬の長”とも言いますが、心身のストレス解消にかなりの効果があるとのこと。

さてさて、いったい飲むべきなのか、止めるべきなのか・・・・・・?
両方の結論を総合すると、「酒を飲むと長生きするけどボケやすい」、そういうことになるのでしょうか?? ある意味究極の選択ですねェ・・・。

また、少量では脳にダメージは無い、との研究報告もあります。 飲んべェな自分としては、悩ましいところです。

 

◆結局何が幸せか、ということに・・・・・・
 世界の長寿者による調査結果では、「長生きする人の好んで摂るもの」として、なんと!タバコ、アルコール、チョコレートなどが上位に挙がっています。 我が国の「国勢調査」でも、アルコール摂取は長寿者の上位に来ています。

食品そのものの健康成分もモチロン重要ですが、好きなものを食べることで「精神がリラックスする」、美味しい食事で「人生を楽しむ」ことが身体の大きなストレス軽減になり、結果健康で長生きな人生につながってくるという一面が見えてきます。

1000人の最後を看取った緩和ケア専門医大津 秀一さんによると「食べたいものを食べなかったこと」を強く後悔する方は意外と多いのだそうです。

「食の楽しみを積極的に享受すること。」

「ガマンすることで、健康に長生きしていくこと」

どちらも重要ですが、いずれにせよ死ぬ時に後悔しない生き方が大事なのでしょうね。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

カテゴリー | ソムリエ日記 , 健康2013年12月7日