小林ゴールドエッグ

ソムリエ日記SOMMELIER DIALY

卵メニューで儲かる人気店へ(その2)

一昨日の続きです。前回は「卵は料理の仕方で価値が10倍にもなる、魔法の食材だ!」という事をお話しました。この考え方は、我々の目指す方向にピッタリだったんです。
我が社は自分たちを、卵お届け業じゃなくて、「おいしさと健康」提供業と考えています。

dishplate.jpgですから、「卵いりませんか?」じゃなくて、「いちばん合う卵を使って、もっともっと美味しい料理を一緒につくりませんか?」なんです。例えば、「温泉卵いりませんか?」だと、「え、他社さんも扱ってるよね。オタクのは安いの?」・・となりますよね?

でも、「温泉卵で、お客さんに大人気でしかも利益の出るメニューを、一緒に作りませんか?」というと、全く違うコミュニケーションになります。
牛丼で400円よりは、『とろふわ温玉牛スジ丼』500円の方が、粗利も高いしお客さんの満足度も高いですよ!、こういう提案です。Smile

前者は卵そのもの、後者は価値を売っていることになるんでしょうかね?「モノよりコト」、ワクワクする「おいしさ」の提供が、我が社の取り組みなんです。

カフェさんであれば、コーヒーをいちばんおいしく感じる卵料理はなんだろうか?香りは?、苦味との相性は?卵の特徴は・・・??
これを一緒に考えさせてもらえれば、私共も、オーナーさんも、そしてそのカフェさんのお客様もみーんながワクワクできる、成果に繋がったりします。

もちろんそのためには、温泉玉子ならそれだけでも何百もの全国の人気メニュー知っておく必要があります(大変だ!)。そこで我々は「卵のことについては、日本一詳しい会社になろう!」と社内みんなで取り組んでいます。社内勉強会の内容はホント様々です。サービスやお客様のことに加え、卵の物的特性、健康機能、養鶏場さん別の取り組み、農地での味の違い、それから全国の料理トレンド・・・、学び深める事はたくさんあります。ホント面白いですよ!Laughing

カテゴリー | ソムリエ日記 , たまごの話題2009年03月12日